新着情報

Miyajima News

2014年12月7日

滲み出るもの・・・高倉健さん

【H26年(2014年)12月のコラム(第168号)】





    高倉健さんの追悼番組「あなたへ」放映、ラストのTV画面

      11/23(日)に泊まった静岡市清水のホテルにて



1.滲み出るもの・・・高倉健さん



高倉健さんが亡くなった。83歳だという。

本当にいい俳優をなくした・・・というよりも、いい人をなくした・・・という寂しさを感じる。



もちろん、直接会ったことはない。しかし、健さんの場合は、そのお人柄が

滲(にじ)み出ていたように思う。



ものごとを上手に表現することはできる。

しかし、「本当のよさ」というものは、表現のうまいへたにかかわらず、

「滲み出るもの」ではないだろうか。



最近つい自分の歳のことを書いてしまうけれど、自分も五十二になった。

まだまだ洟垂(はなたれ)小僧だが、やっとそういう「滲み出るもの」のよさが

少しだけわかってきたように思う。



僕は人生を「ら」で喩えると

十代は「ふらふら」、二十代は「きらきら」、三十代は「がむしゃら」、

四十代は「まっしぐら」、五十代は「ひたすら」ではないかと思っている。

五十代になってやっと少し自分の「立ち位置」が見えてきたのではないか。



健さんについて多くを語れるほどのものを自分は持ってはいないけれど、

このYoutubeをみてもらえば、「滲み出るもの」を感じてもらえるのではないかと

思います。健さんの遺作となった「あなたへ」。そのロケ地となった富山刑務所の

受刑者の皆さんに、健さんが語った短いスピーチです。





https://www.youtube.com/watch?v=yWksMKGlTew



「これから観ていただく映画『あなたへ』は、人を想うということの大切さ(を伝えて

います)、そして、人を想うということは、切なさにもつながるんだと思います」



「皆さんが一日も早く、あなたにとって大切な人のところへ帰ってあげてください」



これらの言葉が心に沁みます。



私も残りの人生で、健さんのような「滲み出る」人間味を少しでも身につけられたら・・・

と思います。健さんのご冥福をお祈りいたします。





健さんの遺作となった映画「あなたへ」のパンフレットより



映画「あなたへ」は、下記のYoutubeから観られます

(こんなのいいのかなと思いつつ・・・)

https://www.youtube.com/watch?v=cRV-ZhROGUw



コラム