新着情報

Miyajima News

2014年3月1日

松下幸之助さん『成功の秘訣』 2.アーネスト・シャクルトン

【H26年(2014年)3月のコラム(第159号)】





     ソチ・オリンピックが多くのドラマを残し閉幕しました

    僕はただただ真央ちゃんの涙に感動してしまいました(ToT)



1.松下幸之助さんが、自ら語った『成功の秘訣』



経営の神様、松下幸之助氏が「成功の秘訣は何だと思われますか?」と人に訊かれ、

こう答えられたそうだ。



「うーん、それには二つあると思います。一つは、自分に学問がなかったこと。

そしてもう一つは、僕の身体が弱かったことやないでしょうか。

僕は小学校しか出ておらず、自分に学問がなかったから、とにかくよく人にものを尋ねた。

それに僕は身体が弱かったものやから、何もかも自分でやったら倒れてしまう。

だから人にものを頼むしかなかった。

その結果、こんにちの松下電器があるのやと思うのです。」と・・・。



自分の短所を長所に変えるという発想が大事とよく言われるが、なによりも

この“謙虚さ”こそが、松下幸之助氏のすごかったところなんだろうと感銘を受けた。

そして、つい自分の能力や功績を認めてもらいたいと思ってしまっている自分が

恥ずかしくなった。やはり人の上に立つ者は、こうでなくてはいけないのだ。





2.アーネスト・シャクルトン







—————————————————–

"MEN WANTED"



for hazardous journey , small wages ,

bitter cold , long monthes of complete darkness ,

constant danger , safe return doubtful ,

honor and recognition in case of success.



Ernest Shackleton   4 Burlington st.





“ 隊員求む ”



至難の旅、わずかな報酬、

極寒、暗黒の長い月日、

絶えざる危険、無事生還の保証無し、

成功の暁には名誉と賞賛を得る。



アーネスト・シャクルトン    バーリントン通り 4番地

—————————————————–



これはイギリスの探検家、アーネスト・シャクルトンが、1900年のある日、

ロンドンの新聞に南極探検隊の隊員募集として出した広告である。

そして驚くことに、ここに5000名もの応募があったそうだ。



この名文広告を僕に教えてくれたのは、播磨の先輩社長さんである。

なんとこの方は、社内で或る大変なプロジェクトを立ち上げようとしたとき、

この文言をそのまま“うけうり”でプロジェクトに参加してくれる社員を募ったそうだ。

「そしたらなんと、何人もの社員が手を挙げてくれよったんや!」と嬉しそうに

語っておられた。こういうのを「人たらし」と言うのだろうが(笑)、えらいもんだ。



人は“金”のためだけに生きるのではない。“ロマン”が大事なのだということを、

このことは教えてくれる。先輩に感謝。



——————————————————-

アーネスト・シャクルトンについては、下記ページをご覧ください

https://blog.workshop-boys.com/?eid=95

上記URLのPDFファイル

——————————————————-

コラム