新着情報

Miyajima News

2013年12月1日

写真家・土門拳の言葉

【H25年(2013年)12月のコラム(第156号)】





    薬師寺東院堂観音菩薩立像(聖観音)頭部 / 土門 拳



1.写真家・土門拳の言葉



土門拳(1909.10.25-1990.9.15)は、リアリズム写真を確立した写真界の巨匠として有名だが、

その人の言葉がある冊子に載っていた。



気力は 『   』 に出る



生活は 『   』 に出る



教養は 『   』 に出る



感情は 『   』 に出る



年は 『   』 に出る



という5つであるが、『   』の中には何が入るとお思いだろうか?



写真という、『瞬間』をとらえる世界で名を成した方の言葉であるから、間違いないことだと思う。



さて、その答えは・・・・・



↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓



↓↓↓↓↓



気力は 『 目 』 に出る



生活は 『 顔 』 に出る



教養は 『 声 』 に出る



感情は 『 口のまわり 』 に出る



年は 『 後ろ姿 』 に出る



だそうである。



うーん、さすがに奥が深い。



先日ある先輩経営者から「宮嶋君には“気迫”が足らない」と忠告を受けた。

それは『目』に出ているのであろう。



生活に疲れていると、まさに『顔』に表れるという。



『声』についても、たしかに教養のある方は、話し方ひとつとってみても違うようだ。



この五つの「出る」話を人にしたところ、



「宮嶋君、年は『下半身』に出るもんやで」とのこと。



思わず「ほんま、そうですね!!!」と相槌。



イカンイカン、教養の無さが出てしまった!どうかお許しを。



今年ももう師走。年末に向けせわしい日々が続くと思いますが、どうかご自愛ください。



  

    土門拳「室生寺」作品集より 

山形県酒田市 土門拳 記念館HP  https://www.domonken-kinenkan.jp/





コラム