新着情報

Miyajima News

2012年12月23日

社長の時間の割り振り

【H24年(2012年)12月のコラム(第144号)】





愛犬チャイと会社近くの青龍山(333m)に久しぶりに登ってきました(12/16)

風は冷たかったですがお天気がよく、とても気持ちのよいひとときでした。



1.社長の時間の割り振り



「本業以外に向ける時間は1/4以下に抑えないといけない」



これは大阪堺市にあるK技研、Y社長の言葉である。

Y社長は私より6つも年下であるが、すごい社長である。

見た目はいたって普通のお兄ちゃん、どちらかというとおとなしく見える。

しかし、内側に秘めたる燃えるような闘志、執念、考えの深さがすごいのだ。

当然のことながら会社の業績も抜群で、この10年ほどで売り上げは倍増、

しかも毎年10%前後の利益を上げ続け、自己資本比率も70%に達するという

超優良企業である。



それで是非一度お話を聴かせていただきたいと、11月の中旬にお伺いしてきた。

Y社長は午後を丸々あけて時間をとってくださり、決して表からではわからない、

凄まじいご努力のお話を聴かせていただくことができた。

その中でもっとも私の胸に突き刺さったのが冒頭の言葉である。



「経営の勉強会や国や府、銀行、業界の会など、いろいろな会があり、それぞれが

それなりに大事だし無駄ではない。しかし、そういうものに自分の時間の多くを

使っていてうまくいくほど、会社経営というものは甘くない。まして10%の利益を

上げ続けることなど無理ですよ。」ときっぱりと言われた。



では自分はどれくらいの時間を「本業以外」に使っているのであろうか?



そう思って11月の手帳から恐る恐るそういう時間を拾い出してみた。

すると結果はなんと23%だった。

「なんや、ちょうど1/4に収まってるやん」と一瞬思ったのだが、よく考えてみると、

ここには「移動時間」が含まれていない。大阪で2時間の会合に出席するのでも、

行き帰りに各2時間、計4時間はかかるので、これを含めると6時間にもなってしまう。

帰りは夜なので除いてよいとしても、やはりざっと2倍は食われることになるだろう。

そうすると僕の場合、ほぼ半分もの時間を本業以外に費やしてしまっていることになる。



変なこじつけだが、これが利益率5%しか上げられない自分と、10%以上あげておられる

Y社長との違いだな・・・と反省した。



今年ももうあと一週間余りである。

来年は時間の割り振りを考え、それを実行に移そうと思う。

Y社長に感謝。





岐阜県垂井にある南宮大社。ご祭神は金山彦命(かなやまひこのみこと)で、

伊勢神宮の天照大神の兄神にあたられ、金属の神の総本宮として全国の

鍛冶屋さんがお参りに来られる神社です。(12/23)



コラム