新着情報

Miyajima News

2011年12月13日

無事

【H23年(2011年)12月のコラム・その2(第131号)】



        京都「いまむら」さんにて



1.無事



今年もいよいよ残り少なくなってきましたね。

先日お伺いしたお店のカウンターに、とてもよい掛け軸がありました。



「無事」



大徳寺の住職さんの書で、毎年12月になると掛けられるそうです。



昔福井の先輩社長さんに

「人にとって一番の幸せは、贅沢でも名誉でもない、無事ということだよ」

と教えていただいたことがあります。

でも、「無事」であることが、実はどれだけ難しいことか・・・。



僕はいつも会社でこう言っています。

「無事は“何もしない”ことからは生まれない。無事というものはいろいろなことを心配し、

そうならないように“積極的な行動”を起こしてはじめて得られるものである」と。



まだまだ“穴だらけ”かもしれませんが、今年も自分なりにいろいろな取り組みを

前向きにやってきたつもりです。そのおかげかどうか、今年も無事に終えられそうです。

もちろん油断は永遠に禁物ですが、そういう緊張の糸を解けない中にあっても、

日々「無事」ということは本当に有難いことだなあと沁み沁み思う。



年末年始、皆様のご多幸を心よりお祈りし、今年のコラムを終わります。

今年一年間、ありがとうございました。





    京都国際会館「宝ヶ池」の風景 2012.12.12

    来年がみなさんにとってよい年でありますように

コラム