新着情報

Miyajima News

2009年11月21日

断酒

【平成21年11月のコラム(第99号)】





会社の近く 甲良町金谷のコスモス畑と青龍山(11/2 朝 撮影)  



1.断酒




ちょっと考えるところあって、9月7日から10月の6日までの丸一ヶ月間、

一滴も酒を飲まなかった。すなわち「断酒」をした。

私は大酒飲みだった祖父の血を継いでいるのかお酒は大好きで、

健康のことを考えて休肝日を毎週最低1日か2日はつくるようにはしていたけれども、

お酒をおぼえた高校時代から数えると、丸々一ヶ月一滴も飲まないというのは、

“ほぼ30年来はじめて”ということになる。



しかし結論からいうと「断酒」などするものではない。



その理由を2つ書くとすれば、



1.酒席のたびに「なんで飲まんのや?なんか悪いことしたんか?」と訊かれ、

  一人一人いちいち説明せねばならない。

  場合によっては、私が飲まないことに対して気分を害される人もいて、

  「せっかくの機会を台無しにしてすみません」と謝らなければならない。

  これらは精神的にとてもつらい。



2.酒を解禁してからの酔いがひどい。リバウンドで沢山飲んでしまうというより、

  ちょっとの酒ですぐに酔っぱらう。眠くなる。下手をすると記憶が飛ぶ。

  以前はこんなことはなかったのに!



ということで、今はできるだけ控え目に飲むようにしているが、つい気を許す

会になると飲み過ぎてしまう。先日も社内の飲み会でちゃんこ鍋を食べに行って

大変盛り上がり、帰り道は自転車を曳きながら歩いて帰ったのだが、

その時の記憶がぽっかりと消えている(汗)

翌日社員に「俺どうやった?」と訊くと「いや、しっかりしゃべってましたよ」

と言われたのだけれども・・・・???・・・情けない限りである。



でも「断酒」も悪いことばかりではない。よかったことを書くならば、



1.なんといっても一ヶ月で3キロも体重が落ちた。さすがに身体はとても楽。

  案の定今は半分くらい戻っているが、「酒を減らせば痩せる」ということが

  わかっただけでも価値があった。



2.やはり仕事はできる。

  会合の後に酒席があることが多いが、そこを烏龍茶だけで済ませてそれから

  また会社に戻って仕事ができる。「いつもなら今頃飲んでるはず」と思うと、

  これが妙に集中力を高め、結構仕事がはかどる。



といったところだろうか?



最後に、断酒中に最も印象に残った一言を。



ある酒席で、ある社長がこう言われた。



「宮嶋君、酒飲みが酒を断つということは、なかなかできるものでない。

 しかし、僕から言わすと君はまだまだ甘い。

 一番強い意志が要るのは、適度の酒で自制して酒を止めることやで。」



大いに納得し、反省した次第である。



「酒を飲まぬも修行、飲むも修行」といったところか。







もう4年も前になりますが、新潟の銘酒「八海山」の蔵にお邪魔して

なんと「大吟醸酒」を冷酒でなく“人肌燗”でいただいた時の写真です。

右は偶然にも僕と全く同じ日(S37.11.16)に生まれた地元の斎木功さん

そのせいか初対面で打ち解け、とても楽しくお酒を頂戴しました。

やはり酒はいいものですね。・・・ただしほどほどに・・・。



コラム