新着情報

Miyajima News

2007年7月3日

いい人と悪い人

いい人と悪い人
女性から「いい人」と褒められたら、男はさっさと退散せよ、
という名言(?)がありますが、ここでいう「いい人」は
そうではありません。
これは私が今までの拙い人生の中から感じたことなのですが、
「調子のいい時は誰でもいい人。苦しい時や問題にぶち当った
時にこそ、その人の本当の姿が見える」ということです。
すごく急いで車の運転をしていて、思わず強引に割り込みをして
しまった時に相手の車を見たら、なんと「知り合い」だった!
なんてことはありませんか?
気まずい思いと同時に、無茶な運転をしてしまった自分がイヤ〜になります。
逆にゴルフなんかで、普段「いい人」だと思っていた人が、
ミスショットが続いた途端にガラッと人柄が変って周りに当り散らし、
みんな「真っ青…。シラー…。」なんてのもよくあります。
なかなか難しいことですが、調子が悪い時ほどグッと堪えて
「ニコッ」と笑顔が出せる、また反対に人がそんな風に堪えている
のが理解出来るような人になりたいと思っております。

誠一郎の哲学