新着情報

Miyajima News

2005年8月14日

郵政民営化否決と日本の借金時計・若さについて

【H17年8月のコラム】
今月はお盆休みに書いているので、久しぶりに2テーマです。
借金時計
(1)郵政民営化否決と日本の借金時計
8月8日、郵政民営化関連法案が参議院本会議で否決され、小泉首相はかねてからの約束どおり、即日衆議院を解散しました。
私は政治のことには疎いので、多くは語れませんが、構造改革の「本丸」ともいえる郵政民営化の否認=内閣の不信任=衆議院解散という筋道になるのでしょう。
この点について、多少ご興味のある方は、【H17年8月のコラム(付録)】をご覧下さい。
それにしても今構造改革を真剣に進めないと本当にマズイ日本ですが、はたして「日本の借金は今どれくらいになっているのかなあ」と思ってGoogleで「日本の借金」をキーワードに検索したところ、トップに出てきたのが、上の画面のサイトです。
皆さんこのサイトをご存知でしたか?是非下記URLを開いてみてください。
日本の借金時計 https://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm
8/16現在752兆円という額もさることながら、私はその増えていくスピードに驚きました。
なんと毎秒100万円ずつ国の借金が膨れ上がっているのです。
「ほんまかいな?」と思って念のため金利の計算をしてみますと、借金750兆円で4%の金利ならなるほど1秒あたり約100万円、1時間あたりでは36億円もの利息がどんどん増えていくことになります。
さて、これをいったいどうすればいいのでしょうか?
日本のGDPが500兆円強ですから、企業で言えば年商の1.5倍の借金があることになり、普通なら間違いなく倒産する状況なのです。
会社ならできることから一つずつ、処分できるものは処分し、少しでも無駄な経費をなくし、少しでも売上げが上がるように工夫するしかありません。
この日本という、巨大企業の舵取りは誰がするのでしょうか?
とにかくみなさん、9/11の総選挙には足を運び、自分なりに考えた人、党に一票を投じようではありませんか。あとはLET IT BEしかないのでしょうかね?
集合写真
(2)若さについて
早いもので、大学を卒業して20年が経った。
今年で43歳になるので、今までの人生のほぼ中間地点が大学の卒業時分ということになる。
ちなみに私は大学の4年間、よくサボる不良部員ではあったが、一応体育会の剣道部に所属していた。その卒業20周年を記念して、先日同期会があった。
東京や富山など遠方に勤務している者が沢山いるにもかかわらず、急な仕事で来れなくなった一人を除いて全員が集まるという素晴らしい出席率だったのだが、私が驚いたのは、とにかくみんなの「若さ」である。
正直なところ私自身、いろいろなところで
「宮嶋さんは元気で若々しいねえ。とても40には見えないよー」
と半ばお世辞混じり(?)で言われることが多いのですが、集まったメンバー、みんな本当に年をとっていない。老けていない。
実に若々しく、元気であった。なぜなのだろう?
有名なサミュエル・ウルマンの「青春」という詩に、
「青春とは、人生のある時期をいうのではなく、心の在りようをいうのだ。(中略)
年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いる。」という言葉がある。
たしかに私たちは大学の4年間、かなりしんどい練習をした。
痺れがきて動けなくなったり、血尿が出たことなど、たびたびである。
「もうあかん・・・」とふらふらの時に、写真の女子部員などは「きぇ?!」と必死の力を絞り出して打ち込んでくる。本当に「こいつすごい・・・」と思ったものである。
何が言いたいのかというと、要は夢を持ち、プラス思考をするという精神的な若さもたしかに大事だが、やはりベースになるのは基礎体力だなあと思ったのである。
今この年齢になって少々の無理が利くのも、実はこのメンバーが一緒に練習してくれたお陰だなあとつくづく感謝した次第です。
どうかみんな、これからもずっと健康で!
山登り
8月7日(日)多賀町久徳の皆さんと霊仙山(1084m)に登ってきました。
学生時代より10Kg太った体ではさすがにツラカッタ^_^;
ちなみに着ている服はH5年から12年頃までの当社の制服です。
すごく鮮やかなブルーで「レスキュー隊」みたいやな!とからかわれ、「いえ、レスキューされ隊」の方ですと応えておりました(^_^)

コラム