新着情報

Miyajima News

2013年10月24日

竹のように

【H25年(2013年)10月のコラム(第154号)】







1.竹のように



散歩をしながら、なにげなく携帯で「禅の言葉」というのを調べていたら、



こんな言葉を見つけた。





修道之要 ものごとの道を修める上で大事なことは



外円内虚 
(竹のように)外は丸く、内側はからっぽにしておくことだ



吾志在此 
わが志はここにあり



清風自如 
清々しい風のようにありのまま



大成照漢(中国福建省生まれの禅師)





うーん・・・「外は丸くて、中はからっぽ」というのがいいではないか。



でも、なかなかできることではない。



私たちは、つい外側はとんがってしまい、内側はパンパンになってしまいがちだ。



竹は何故折れないのか?



それは節があるからだ、ともいわれる。



人生もだらだらと過ごすのではなく、竹のように節目があってこそ



しなやかで折れにくいものになるのだ。



竹は実に奥が深い。



そんな風に生きてみたいものである。












コラム