新着情報

Miyajima News

2002年4月1日

社長交代ご挨拶

【平成14年4月のコラム】
(1)社長交代ご挨拶
社長
★4月1日 会社すぐ近くの多賀大社にて★
私儀 宮嶋誠一郎、このたび4月1日をもちまして父である前社長、宮嶋公夫と社長を交代致しました。
まずは、父 宮嶋公夫が社長を務めました36年間、お世話になりました方々に、心よりお礼申し上げます。
前社長は初代(祖父)が57歳で早逝したため23歳の若さで社長を継ぎ、今日まで務めて参りました。
3月に還暦を迎えたばかりなのですが、以上のようなこと、そして現在の厳しい状況をを熟考勘案した結果、社長交代を決断したのだと思います。
若くから数々の山谷を乗り越えてきた前社長に比べ、何の苦労も無く来た若輩のわたくしですが、与えられた人生の役割を、精一杯果たして行く所存です。
どうか皆様のご指導・ご鞭撻を宜しくお願い致します。
ここで私の心構えを少しだけ述べさせて頂きます。
1.自然体
社長になったからといって片意地を張らず、自分にできることを精一杯やらせて頂きます。
2.愚直
正直なところ、私は不器用な方だと思います。
”ウルトラC”は出来ません。
「水滴 石をも穿(うが)つ」という禅の言葉があります(遺教経)。
屋根からポタポタ落ちる雨水の滴も、いつかは地面の石に穴をあけるという意味ですが、
自分にはこれしかないと思っています。
3.会社の目標
人生は自分にとっても、周りの人にとっても一度限りです。
せっかくの大切な人生ですから、目標を高くもってやります。目標?それはヒミツ?です!
1日の朝、社員の皆に「宣言」しましたが・・・。
では、誠に未熟者ですゆえ、皆様何卒ご支援のほど、お願い申し上げます。
いや、やはり「お願い」はいけませんね。
ここはNHK大河ドラマ「利家とまつ」のまつ殿(松嶋菜々子さん)を見習い、これでいきましょう。
『わたくしに、おまかせくださいませ!』
ではまた来月、失礼致します。再見!
桜
春はやっぱり桜です
『朝日かげ たださす庭の 松が枝に 千代よぶ鶴の こえののどけさ』

コラム