ごく基本的なものからある程度突っ込んだものまで、お客様からよく訊かれる質問を並べてみました。

アプセット鍛造のメリット有無の判断基準

【アプセット鍛造による、メリット有無の判断基準】

→ 削り出しの場合の材料費よりも鍛造素材の方が安価かどうか?

※実際にはアプセット鍛造をすることによる機械加工コスト(加工時間)の
 低減効果もありますが、厳しい昨今、機械加工コストも相当抑えられており、
 よほど軸部が長いものでないと、なかなかその分までは見て頂けません。
 よって基本的には鍛造素材費≦削出し丸棒費でないとメリットなしと考えています。

【メリットを大きくするための、5つのポイント】

 (1)ツバ径と軸径の段差が大きいほど、メリット大
 (2)長いものほど、メリット大
 (3)単価の高い材料ほど、メリット大
(4)ロットが多いほど、メリット大
(5)ツバが軸の真ん中にあるものは、メリット大

 《補足説明》
 (1)ツバ径φDは、軸径φdの約3倍以下が目安(φD≦φd*3)
 (2)全長Lが、ツバ径φDの2〜3倍以上が目安(L≧φD*2〜3)
 (3)SUS・SUH・SKD・Al・Cu・Ti・Ni合金など、鍛造可能な材質はすべてOK
 (4)S-C・SCM材でロット300Kg以上が目安(例:1本10Kgなら30本以上)
    SUSなどは100Kg以上が目安
 (5)ツバが軸の真ん中にあると、ツバの両側を削り込まねばならないためロス大

【アプセット鍛造に不向きな形状】
 基本的には上の(1)・(2)項の逆の形状、すなわち
 (1)ツバ径と軸径の段差が小さいもの(φD≦φd*1.5〜2)
 (2)全長Lがツバ径φDに対して短いもの(L≦φD*1.5〜2)
   が不向きな形状となります。(鍛造工賃が出てこない!)
   そのほかに、下記のようなものは不向きです。
 (3)ツバ厚Aが大きいもの
 (4)ツバが2ヶ所以上にあるもの

《補足説明》
 (1)アプセットは細い軸を据え込んでツバを出す方式であるため、ツバ部の体積に
  よって何φの材料で鍛造できるかが決まります。よってツバ厚が大きくなれば
  体積も大きくなるので材料径を太くしなくてはならなくなり、メリットが出にくく
  なります。
 (2)シャフトの両端もしくは2ヶ所のツバ出しは、形状や工法により可能な場合が
    ありますが、工数・金型費とも2倍以上かかりますので検討が必要です。

☆☆☆ 以上、ご参考にして頂ければ幸いです ☆☆☆


CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
7月の節減重量は 『781トン』 でした!(累計78,075トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!