ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

« 1.決めることの大切さ | INDEX | 1.私は悟った »

1.「伝統」でなく「伝燈」 2.トランプ大統領 3.「兄弟経営」つづき

【H29年(2017年)2月のコラム(第194号)】


1月、彦根市・多賀町エリアは14日、23日と二度も大雪に見舞われました。
初めが約40cm、次は約60cmもの積雪でした。当然道路は大渋滞!
これだけ降るのは33年ぶりのことだそうです。2月はどうなることでしょう?


今月は珍しく、短いコラムの「三本立て」にしてみました。

1.「伝統」でなく「伝燈」



日本政策金融公庫の月刊誌に茶道、千宗屋(せん・そうおく)さんの文章が載っていた。
茶道は日本の「伝統文化」だが、「伝統」の本来の表記は仏教用語の「伝燈」、すなわち
師から弟子へ教え(燈明の炎)を伝えていくことなのだそうだ。
燈(ともしび)を伝えていくには、常に新しい油(創意工夫)を注いでいかねばならない。
しかしうっかり油を絶やしてしまうと、火が消えてしまう。だから「油断」というのだそうだ。
言葉の意味の深さを、改めて教えられた。

2.トランプ大統領


産経新聞2017.1.21朝刊より

今年もいくつかの賀詞交歓会、新年互礼会に参加したが、ほぼすべての会で話題に
挙げられていたのがアメリカのトランプ新大統領である。
70歳での就任は歴代大統領の中では最高齢だそうで、よくやられるなあと尊敬する一方、
大丈夫かいな?という心配もある。しかしあのアメリカで「不動産王」と呼ばれるまでになった
人なのだから、並大抵の運と実力の持ち主であることは間違いない。
しかし、私にはどう考えてもうまくいくとは思えない。
その理由は簡単。「アメリカ第一主義」である。企業でいえば、「お客様や仕入先の利益など
かまうな。自社の利益を最優先せよ。」と言っているのと同じで、そんな会社が長く繁栄した
例は一つもない。ただ望みはひとつだけある。新大統領が世の常識を超える知恵の持ち主で、
まずは世界を欺き、自分が犠牲になってでも「あっと驚く改革」をしてやろうと目論んでいることだ。
その答えが出るには、そう長くかからないだろう。楽しみにしたいと思う。

3.「兄弟経営」つづき


日経トップリーダー 2014年2月号より

日経BP社が出版している「日経トップリーダー」2月号に、弊社が掲載された。
「兄弟経営」というテーマを企画されたのだが、どうも趣旨にぴったりくる企業が見つからず、
あちこち探された中で当社を見つけていただいたそうである。そのきっかけになったのが
昨年3月の私のコラム、まさに「兄弟経営」。
http://www.miyajima-jp.com/column/post_168.html
誠にありがたい限りであるが、私と十歳年下の弟(常務)が力を合わせて必死に
もがいていることをご理解いただくために、今低迷している業績もあえてオープンにした。
こんな立派な記事を書いていただいた以上、これからも兄弟仲よく社会のため、社員のため、
そして両親、ご先祖様のため、一所懸命努力して末永く続く会社にしていきたいと思う。





記事をご希望の方は下記をクリックして購読または弊社までご連絡下さい


ミヤジマ代表アドレス post@miyajima-jp.com


CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
7月の節減重量は 『781トン』 でした!(累計78,075トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!