ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

« 昔の通信簿 | INDEX | 入院中に考えたこと »

日本を良くする「変な」提案

【H15年9月のコラム】


花火

琵琶湖大津の花火
夏の終わりを惜しみながら(長井実氏撮影)


日本を良くする「変な」提案

新聞・テレビでは、毎日のように20日の自民党総裁戦に向けて、4人の候補者の姿が報道されています。
私は小泉メールマガジンの一読者でもあり、小泉支持者の一人なのですが、是非とも小泉さんに言って欲しいことがあるのです。

それは「政治家のことを『先生』と呼ぶのはやめよう!」ということです。

そんなちっぽけなこと・・・と思われるかもしれませんが、これは政治家の基本姿勢として非常に大事なことであり、そのトップに立つ小泉総理にこそ是非訴えて頂きたいことなのです。
「日本の国会議員、各都道府県知事・県会・市会・町会議員にいたる全政治家諸君!我々政治家のことを『先生』と呼ばれたり、呼び合ったりするのを今後一切やめようではないか。我々は国民のために
身を賭して政治をつかさどる『公僕』なのだ!」と。

かの西郷隆盛は、「命もいらぬ、名もいらぬ、金もいらぬという奴ほど困ったものはない。しかし、そういう奴でなければ国家の一大事は任せられない」という意味の遺訓を残しておられます。

大変失礼な言い方で申し訳ありませんが、今までの日本の政治家の方々は、周りから「先生、先生」と煽てられ、有難がられたものですから「よっしゃよっしゃ」と、ついいろいろな柵(しがらみ)だらけになり、要りもしない橋や道路に国家の血税を惜しみも無く投入してきてしまったのではないでしょうか。その結果、日本は企業で言うなら年商の1.5倍以上の借金を抱える倒産危機の状態になってしまったのだと思います。

ですから、変な提案のようですが、政治家に対する『先生』という呼称廃止は、まさに「名が体を変える」効果が期待できるものであり、これができるのは小泉純一郎総理しかないと期待する次第です。

最後に自戒としまして、上記と同じことが私のような『社長』にも言えると思います。
確かに「社長、社長」と呼ばれれば誰でも嫌な気がしないものですが、社長というのはあくまでも「役割のひとつ」であり、企業経営をまともに出来なくなった時点で直ちに辞めねばならない、そういうものだと思っています。

西郷隆盛

「敬天愛人」を座右の銘とした西郷隆盛

CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
7月の節減重量は 『781トン』 でした!(累計78,075トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!