ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

2020年10月01日

1.収穫の秋に思う

【令和2年(2020年)10月のコラム(第238号)】 


当社の南側に広がる田んぼに実る稲穂。まさに「黄金色」で美しいですね!

1.収穫の秋に思う

当社の周りは一面の田んぼです。
今年3月のコラムで、父が今の多賀町の土地を今から51年も前の昭和44年に購入して工場を建ててくれたことは書きましたが、その後このあたりの土地は市街化調整区域に指定されたため新たな工場を建てることはできず、そのおかげで現在はとてもいい環境で鍛造業をさせていただいているわけです。父にはホント感謝、感謝です。

そんな当社ですが、ご縁あって近くの田んぼを何か所かお譲りいただいたものの、なかなか自分ではできないので近くの方に耕作をお願いしていたのですが、田んぼをやる人も高齢化などでどんどん減るばかりなので、今年2月に思い切って農業法人(株)ミヤジマファームを設立し、来年から自分たちで耕作することにしたのです。

とはいえ、農業はまったくのど素人です。
幸い社内に田んぼをやっている人がいたので、彼を頼りに、もちろん自分自身もやるつもりで農業法人を始めたのですが、こればかりは実際に自分でやってみなけりゃわかりません。
それで今年は「お手伝い」として5月には田植え、そして9月には稲刈りのお手伝いをさせていただきました。
正直なところ、5月の田植えの時は初めての農業にウキウキ気分だったのですが、今回稲刈りをお手伝いさせていただいて思ったことは、「えらいことを始めてしもたなぁ・・・。」ということです。
米づくりは田植えと稲刈りだけではありません。土づくりに始まって、田植えに肥料やりに除草、水の世話に畦道の草刈りに水路の清掃、そして稲刈り、脱穀、乾燥、袋詰めと、やることが山ほどあるのです。
もちろん機械もいろいろ要ります。トラクターに田植え機にコンバイン、乾燥機に軽トラックまで、全部買い揃えねばなりません。
ところがそれだけ手間とお金を注ぎ込んでも、実際に採算をとるのは至難の業なのだそうです。
だから田んぼをやる人は年々減っていっています。この先、日本の農業はどうなるんでしょうか?
そんなことを考えるだけで怖くなりますが、やると決めた以上、もうやるしかありません。

ということで、去る9月20日の日曜日に、地元の営農組合さんのお手伝いで稲刈りをしてきました。
子どもの頃は、まさか自分が農業をやるとは思ってもいなかったのですが、実際にやってみると、実に大変!
今回はほんの5反(1500坪)ほどの田んぼだったのですが、刈り終えるまでに4時間以上もかかってしまいました。

  
刈った稲は自動的に脱穀されて、お米が一定量たまると軽トラックに積んで乾燥機まで運びます。これぞ収穫!!

さて、来年からつくるお米は美味しいかなー???
最初から上手にはできないとは思いますが、周りの人の力もお借りしながら、なんとかやってみたいと思います。
美味しいお米ができるようになった暁には、ぜひみなさんミヤジマファームのお米を食べてみてくださいね!

稲刈りを終えて帰る時、西の空がとてもきれいな夕焼けに染まっていました。
家に帰ってひと風呂浴びたあとのビールが最高に美味かったことはまちがいありません。
生きてるっていいなあー・・・と感じた一日でした。


初の稲刈りを終えて西の空を眺めると、こんなに美しい夕陽に染まっていました

2020年09月01日

1.パティ・シェ・ド・ミッシェル

【令和2年(2020年)9月のコラム(第237号)】 


これは何の花かわかりますか?
正解は「オクラ」の花です。わが家の小さな畑に植えたオクラが毎日何本も
採れてしかもとても美味しく、日々の楽しみになっています(笑)

1.パティ・シェ・ド・ミッシェル

誰もが予想できなかった異常事態となった今年も、早いもので残り4か月となった。
年初に立てた今年の弊社のスローガンは「相手の喜びを追求する」である。
果たして今までの8か月間、どれくらいできているだろうか?

そんなことを考えていると、学生時代のある思い出が鮮明に浮かび上がった。
それは今は亡きN先輩の思い出である。

Nさんとは阪急六甲駅の少し山手にあった「きゃらぼく」という喫茶店のバイトで知り合った。
私がまだ18歳の一回生でそこのアルバイトを始めた時、Nさんは四回生だった。
当時はアイビーという服装が流行っていて、お洒落なKN大学のNさんは、
いつも折り目がきちっとついたスラックスかチノパンをはき、
ボタンダウンシャツにスイングトップという服装で実にカッコよかった。
でも出身が愛媛県の宇和島のまだ南のど田舎(失礼!)ということもあって、
どこかに親しみやすさを漂わせていて、歳の差はあったがなぜかとても親しくなった。

ある時、Nさんが「宮嶋、ディスコって行ったことある?」というので、大阪ミナミの
なんとかというディスコに連れて行ってもらったことがある(もちろんワリカンである)。
そこで知り合ったのがNさんの大学と同系列であるKN女子大一回生の四人組であった。
ちなみにKN女子大はお嬢様学校で有名な憧れの大学である。
Nさんは四人の女の子を前に、月並みだが星座や血液型やスイーツの話でどんどん彼女らを
引き込み、隣で見ているだけの僕にも彼女らの目がキラキラと輝いていくのがよくわかった。
「さすがNさん、すごいなぁ!モテモテとはこういうのをゆうんやなあ・・・・。」と感心するばかり。
そして帰る時にこう言った。
「今度さぁ、芦屋にとっても美味しいケーキ屋さんがあるから連れて行ってあげようか?」
女の子たちが「キャーッ!」と歓声を上げたのは言うまでもない。

当時私は大学一年生にもかかわらず、中古ではあるが父に車を買ってもらっていた。
なんと「茶色」の三菱ギャランラムダという2ドアクーペの車である。
かくして私は「運転手」としてNさんと四人の女子大生のデートに参加することになった。
5人乗りの、しかも2ドアの車に6人どうやって乗ったのかはよく覚えていないが、
行き先は神戸の東隣、芦屋川沿いにある「パティ・シェ・ド・ミッシェル」という、
名前からしてすごくお洒落なケーキ屋さんであった。
お店に入るなり、女の子たちは大喜びである。
そこでそれぞれに美味しいケーキとお茶を楽しみ、一息ついたころ、急にお店の照明が暗くなった。
みんながどうしたのかな?と不安になっているところに、白いシェフ帽を被ったケーキ職人さんが
シルバーの蓋をされたお皿が載ったカートを曳いて僕たちのテーブルの前で止まられたのだ。
そして蓋を取ると中にあった白いふわふわしたケーキらしきものにブランデーをかけ、
ライターで火をつけられると、暗くなった店内に青白い炎がふわーっと舞い上がったのである。
ご存知の方もおられると思うが、これが「ベイクド・アラスカ」という有名なスイーツであった。
初めてみるファンタジーに四人の女の子はもちろん、僕までもが大感激してしまった。
女の子の中には涙ぐんでいる子までいた。
もう全員、Nさんにノックダウンである。


ネットから探したベイクド・アラスカ(Baked Araska)の写真
(※パティ・シェ・ド・ミッシェルは残念ながら現在はありません)


つい長くなってしまったが、人を喜ばせる、感激させるということは、こういうことなのかと
教わった瞬間であった。もちろんその日のお勘定はNさんと僕の二人でワリカンである。
そういう素晴らしい師匠に出会ったにもかかわらず、いまだに私は人を喜ばせるのがへたくそである。

NさんはKN大学をご卒業後、地元愛媛の銀行にお勤めになったが、信じられないことに
半年後に白血病に侵され、一年余りの闘病ののち帰らぬ人となった。
今でもNさんのソフトで爽やかな語り口と笑顔は忘れられないが、今一度あの日芦屋川で
教わったことを思い出し、少しでもまわりの人を喜ばせてあげられるよう心がけたい。


愛犬チャイが8月8日(土)に亡くなりました。
すごくかわいくて優しい女の子でした。
長女がこのぬいぐるみがチャイにそっくりなので
家用と自分のアパート用に2つ買って!とのこと。
ディズニー映画「リメンバー・ミー」に出てくる犬ダンテ
(メキシカン・ヘアレス・ドッグ)のものですが、結構高かった・・・。
チャイ長い間ありがとう。


2020年08月01日

1.ムトンハンマーの語源

【令和2年(2020年)8月のコラム(第236号)】 



1.ムトンハンマーの語源

7月のある日、日本有数の鍛造機械メーカのE社長からメールが届いた。
「ムトンハンマーの語源をご存知ですか?」と。
E社長は今でこそコロナで動けないが、ふつうなら一年の半分以上を海外営業に飛び回っておられる、いわば「国際派知識人」である。
その方がわざわざ僕に訊いて来られたということはあれこれ調べた上でわからなかったからにちがいない。
ちなみに「ムトンハンマ―」というのは、今ではめずらしい古いタイプの鍛造機だが、実は弊社では今もメインとして使っている上図のような鍛造機である。
おもり(金鎚)を板で巻き上げて落とす方式なので「ボードドロップハンマー」とも呼ばれている。

念のため「ムトンハンマー 語源」でGoogle検索してみたが、やはりそれらしい記事は見当たらない。
「こりゃ困った!期待を裏切るわけにはいかんしなー」と思ったものの、まったく手がかりがない。
こういう時は、人に訊くに限る。
しばしの間、自分の頭の中でこれは誰に尋ねるのがいいか・・・考えを巡らせた。
そしてパッと閃いたのが業界の大先輩、大阪のN鍛工のS会長である。
すぐに電話して「S会長、ムトンハンマーの語源を知りたいのですが、ご存知でしょうか?」と訊いてみた。
ところが、さすがのS会長もご存知ない。さて、次はどうしたものかと考えている内に、電話の向こうでS会長がこうおっしゃった。
「うーん、ようわかんけど・・・もし書いてあるとすれば、鍛造協会が三十周年の時に発行した記念誌かなぁ。
あの本の編集に自分も若いころ関わったんやけど、あの本は色々なことをほんまよう調べて書いてあるんや。
宮嶋君のとこにあるかな?もしなかったらウチの会社にあるはずやさかい、ゆうてくれたら見てみるで」とのこと。
そしたらなんと、その本が弊社にも残っていたのです。
今から40年前、昭和55年に発行された「鍛造工業会三十年史」という本である。
この本をちゃんと残しておいてくれた親父に感謝です。

祈るような気持ちでその本を開いてみると・・・・やはりS会長のおっしゃるとおり、そこに書いてありました。
ムトンハンマ―の語源」が!

・フランス人Mouton(ムートン)が発明したことによる
もしくは
・フランス語のMouton(大槌の意味)から
と言われるが明らかではないとのこと。

おかげでE社長の質問にお答えすることができホッとしたわけだが、E社長が私に尋ねてこられ、
それを私がS会長に電話して質問し、それで教えてもらった40年前の本を父が残しておいてくれた、
そのおかげで答えに辿り着けたというこの「不思議な連鎖」に、我ながら感動してしまった。
これからもこういう「つながり」を広げ、さらに後の時代の人にもつなげていけたらなと思います。



現在の当社の「ムトンハンマー」ことボードドロップハンマー。
ドイツやイタリアの同業者が来た時、これを見てビックリしてました!(笑)

2020年06月30日

1.幸せって何だろう

【令和2年(2020年)7月のコラム(第235号)】 


ある休日、家の軒先で、愛犬チャイと

1.幸せって何だろう

先月号のコラムで、コロナのおかげで読書する時間が増えたと書いたが、
最近のマイブームは、家の軒先にキャンプ用の低いイスを置き、
BluetoothスピーカをiPhoneにつないでYoutubeの音楽を聴きながら本を読むことである。
もちろん、私の傍には愛犬チャイがいてくれている。

ロードサービスのJAFから毎月届く冊子に「幸せって何だろう」というコラムがあるのだが、
そうやって本を読んでいると、「こういうことがほんとの幸せなのかなあ・・・」とつくづく思う。

私はいつも会社で「本当の幸せとは、贅沢や偶然のラッキーではなく(もちろんそれはそれで
いいことなのだが)、無事、すなわち何も無いことなんだと思う」と言っているが、
自分や周りの人に病気も事故もなく、のんびりと読書ができるということは、幸せなことだと思う。

とはいえ自分には、今の苦境をなんとしても乗り越えねばならぬという「使命」もある。
それをふと思い出し、「おっと、のんびりしとる場合じゃないがな!」と急に我に返ることも度々なのだが、
ONでフルパワーを出すには、OFFで充電することも大事。
息を吸おうと思えば、まずは吐くことだと、人からも教えてもらった。
最近やっとそういう考え方が少しできるようになったように思う(遅すぎるか・・・)。

そんな中、先日5か月ぶりに開催されたある勉強会で、講師の方がふとおっしゃったひとことがある。

「皆さんが今までの人生の中で一番感動されたことは何ですか?」

これを急に言われ、正直ハッとした。
こういうものは、深く考えてはいけない。そういわれてパッと頭に浮かぶものが真実なのだ。

その時、自分の頭の中に浮かんだ光景・・・それは自分でも思いがけない、今から32年ほど前、
25歳の時に初めて富士山に登った時に見た、雲海の景色だった。

今、ずいぶん久しぶりに東京に向かう、ガラガラの新幹線の中でこのコラムを書いている。
あいにく今日は曇り空で見えなかったが、大井川あたりで左の車窓から見えるはずの富士山に、
自然と手が合わさった。富士山は、やはりありがたいものである。

(6月30日AM 記)


32年前の写真を探したのだが、見つからなかった・・・。
どこかに必ずあると思うのだが、あの時のイメージに近い風景を
まずはネットから探して掲載します。
「富士山に、一度も登らぬバカ、二度登るもっとバカ」
という言葉があるそうですが、この雲海の景色だけは
いつかまた見てみたいと思います。

2020年05月31日

1.BAR

【令和2年(2020年)6月のコラム(第234号)】 


銀座の路地裏にひっそりとあったBAR「ラクダ」

1.BAR

コロナで外出することがほとんどなくなってほぼ2か月。そのため本を読む時間が増えた。
本当は小説が好きなのだが、ちょっとした時間に読むにはエッセイもいい。
特に伊集院静さんのエッセイは人生の味のようなものが感じられて好きだ。
伊集院さんのエッセイには酒場の話もよく出てくる。
実は伊集院さんとは偶然にも銀座の路地裏の小料理屋でお会いしたことがある。
そういうところではこちらから話しかけないのが当然のマナーだが、
店のご主人とお話ししている内に伊集院さんの方から話しかけてきてくださって感激した。
とても感じがいいというか、気さくなのに渋くてカッコよく、いっぺんにファンになってしまった。

その小料理屋のすぐ近くに「ラクダ」という小さなBARがあった。

残念ながら今はもうないが、すごく味のあるマスターがやっておられて、
おそらく一生忘れることはないと思う。

ある日、その店に行こうとして電話番号を調べたのだが、どこにも載っていない。
しかたなく直接行ってみたところ、幸い席はあいていて座ることができた。

「マスター、また今度来るとき電話するから電話番号教えてもらえますか?」

「・・・・。教えてもいいけど、BARなんてとこは、予約して来るもんじゃないよ。」

以来、僕はBARに行くとき、予約することをやめた。

また昔、神戸のJAZZピアニストさんに教えてもらったブランデーベースのカクテルを
そのBAR「ラクダ」でお願いしたら、やはり実に美味かった。
その時マスターは、「これにはヘネシーのVSOPに限るね。XOは上等だけどダメ。
ましてレミーやマーテルはもっと合わない。」とキッパリ。

以来、僕はそのカクテルを頼む時は「ヘネシーVSOPで」と指定することにした。

またある時のマスターの一言。

「BARなんてものは、階段おりたり、エレベータに乗って行くもんじゃないね。
路地からドアをさっと開けて入るのがBARなんだよ。」

以来、僕は基本的には一階にあるBARに入ることにしている。

単純バカと笑われそうだが、僕はこういうこだわりのある店が好きだ。



最後に、忘れられないBARの思い出をもうひとつだけ。

すいぶん昔、御茶ノ水にある小さなホテルに泊まった時のこと。
その日は飲みに行くこともせず、一人で晩ご飯を済ませてすぐにホテルの部屋に入った。
しばらくは本を読んだりしていたのだが、たまには一人でBARで飲むのもいいかと、
昔なにかの雑誌で紹介されていたそのホテルのBARに入った。もちろん一階だ。
会話もなく、一人でしみじみと飲む酒もいいものである。
ついお酒が進んでしまい、何杯目かにバーテンダーさんが出してくれたカクテルが実にうまかった。

「これは何というカクテルですか?」

「Between The Sheets といいます」

「シーツの間で・・・という名前なんですね?」

「はい、つまり・・・もう寝なさいというカクテルです」

「・・・・・・・・・・・。すいません、お勘定お願いします。」

おかげでその夜は、ぐっすりと眠ることができた。やはりBARはいい。
またBARでゆっくり飲める日が来ることを待つばかりである。


御茶ノ水のYホテル、バーNのカウンター (ホテルのホームページより)

※BAR「ラクダ」は、2011年5月のコラムでも紹介させてもらっています。よければご覧ください。

2020年05月02日

1.航海か、漂流か?

2020年04月05日

1.それでも地球は回っている

2020年03月02日

1.父の功績

2020年02月02日

1.人生最高の料理

2019年12月31日

1.「静かにもがく」一年に

2019年12月14日

1.三十年の意味

2019年11月01日

1.「人が集まる会社」とは?

2019年10月03日

1.「ありがとう」の反対語は?

2019年09月21日

1.パスポート

2019年07月31日

1.30年

2019年07月14日

1.母の目

2019年06月08日

1.さらば、手帳!

2019年05月02日

1.「令和」は「自立」の時代へ

2019年04月11日

1.常笑常勝 2.18歳と81歳の違い

2019年03月04日

1.おかげさま

2019年02月03日

1.梅一輪 2.百舌のはやにえ

2019年01月03日

1.森を見てから木を見よ

2018年12月19日

1.十回目のドイツ

2018年11月09日

1.足の裏

2018年10月14日

1.お礼のタイミング 2.メールは三行で!

2018年09月01日

1.性善説と性悪説

2018年08月12日

1.社長業というものは

2018年07月08日

1.失敗する「権利」と反省する「義務」

2018年06月01日

1.とんびになりたい

2018年05月09日

1.「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ・・・」の誤解 2.顧みれば

2018年04月01日

1.休み方改革!

2018年03月14日

1.無責任社会に思う

2018年02月14日

1.Let It Be(なんとかなるさ)

2018年01月02日

1.心を込める  2.一日一万歩達成!

2017年12月17日

1.近藤真琴さんからいただいた、じつえい先生とのご縁

2017年11月12日

1.『 はぐれ雲 』 完  2.死ぬまで生きよ思てんねん

2017年10月08日

1.War and Peace

2017年09月10日

1.まんまん

2017年08月06日

1.トップに大切なこと(祝!200号)

2017年07月08日

1.自分を守ると弱くなる

2017年06月08日

1.うんこ漢字ドリル

2017年05月14日

1.ボーッとする時間

2017年04月08日

1.過ぎにし春 2.気がつけば社長業、15年

2017年03月11日

1.私は悟った

2017年02月05日

1.「伝統」でなく「伝燈」 2.トランプ大統領 3.「兄弟経営」つづき

2017年01月01日

1.決めることの大切さ

2016年11月30日

1.三つのメロン

2016年11月09日

1.ためない

2016年10月08日

1.王様と鷹と毒蛇の話

2016年09月03日

1.「旅行クラブ」の思い出

2016年08月03日

1.うなぎ

2016年07月10日

1.トップの仕事とは?(イギリスのEU離脱問題に思うこと)

2016年06月03日

1.近鍛の理事長就任にあたって

2016年05月04日

1.「よい仕事」をするには

2016年04月03日

1.リターン トゥ 伊丹空港

2016年03月05日

1.兄弟経営

2016年02月07日

1.祝・浮浪雲1000話

2015年12月31日

1.『 老 猿 』 と 『 手 』

2015年12月05日

1.薩摩スチューデント (人づくりにはお金をかけよ)

2015年11月07日

1.社員旅行で東名鍛工へ

2015年10月01日

1.近藤真琴さん

2015年09月03日

1.旅の目的 / 小椋佳さんに教えられたゲーテの言葉

2015年08月01日

1.錦織圭選手のすごさ

2015年07月02日

1.たとえば、愛

2015年06月01日

1.「禁断のスカルペル」終了

2015年05月06日

1.お金にならない仕事

2015年04月15日

1.スケベな神様 (運命の赤い糸の由来)

2015年03月04日

1.メモ魔

2015年02月19日

1.言葉の意味

2015年01月04日

1.新たな挑戦

2014年12月07日

1.滲み出るもの・・・高倉健さん

2014年11月03日

1.右手にロマン、左手にソロバン、背中にガマン

2014年10月03日

1.『 ミヤジマ ism 』 完成!!

2014年09月01日

1.白隠禅師の『座禅和讃』

2014年08月02日

1.運とはなにか?

2014年07月01日

1.海外旅行50回

2014年06月01日

1.「親父を超える」ということ

2014年05月02日

1.新卒採用の大切さ

2014年04月01日

1.上高地温泉で会ったすごいオジサン

2014年03月01日

1.松下幸之助さん『成功の秘訣』 2.アーネスト・シャクルトン

2014年01月31日

1.同志社の学生さんたちよ!

2014年01月01日

1.勤勉・感謝・謙虚・反省・利他・挑戦

2013年12月01日

1.写真家・土門拳の言葉

2013年11月26日

1.「自分」という字も書けなかった自分

2013年10月24日

1.竹のように

2013年09月23日

1.インターナショナル

2013年08月27日

1.眼聴耳視

2013年07月28日

1.ロータリー休会

2013年06月19日

1.坂本龍一  2.週刊ダイヤモンド 

2013年05月07日

1.白布温泉 「西屋」

2013年04月29日

1.ジャーマン・レイル・パス

2013年03月04日

1.春の訪れ

2013年02月21日

1.メモの取り方

2013年01月06日

1.なぜ年々一年が短く感じられるのか?

2012年12月23日

1.社長の時間の割り振り

2012年11月04日

1.言うを成すと書いて『誠』、2.得手に帆をあげて

2012年10月19日

1.味のある人生

2012年09月27日

1.人生は草刈りのごとし

2012年08月16日

1.ロンドン五輪と『日本再生戦略』

2012年08月01日

1.ダイソンの扇風機

2012年07月26日

1.ものごとの判断基準

2012年06月24日

1.間(ま)

2012年05月12日

1.君看よ、双眼の色 語らざれば憂いなきに似たり

2012年03月31日

1.Drifting Japan(漂流する日本) 2.ABCラジオに出演します!

2012年03月04日

1.エルピーダメモリの破綻に思う 2.日経新聞

2012年02月16日

1.長年のツケ

2012年01月07日

1.ほのぼのした話

2011年12月13日

1.無事

2011年12月02日

1.龍馬語録

2011年11月12日

1.出逢いは“運”か“思い”か?

2011年10月01日

1.鍛造技術世界一の国ドイツへ

2011年09月03日

1.もてあます喜び

2011年08月09日

1.効率の悪い仕事

2011年08月01日

1.熊本で見つけた“青春”

2011年07月08日

1.かんのんさま

2011年06月30日

1.エミダスマガジンの表紙に登場!

2011年05月17日

1.「いってしまえ」は命取り

2011年05月04日

1.ラクダ・バー

2011年05月01日

1.タニサケ 松岡さん

2011年04月14日

1.リーダーシップ

1.わが人生に悔いはなし

2011年03月10日

1.逆転の発想

2011年02月12日

1.初心忘れるべからず

2010年12月31日

1.盥に一滴の水

2010年12月25日

1.自分のコトバ

2010年11月23日

1.花アルトキハ 花ニ酔ヒ  2.進水式

2010年10月31日

1.超訳 般若心経

2010年09月20日

1.KNOW YOUR BOAT!!

2010年08月16日

1.旅

2010年07月17日

1.借りぐらしのアリエッティ 2.骨折の意味 3.二つの健康法

2010年07月16日

1.尊敬するお二人のご逝去

2010年05月30日

1.やってしまった  2.一万枚の名刺

2010年05月08日

1.栗東トレセン

2010年04月28日

1.「 品格 」について

2010年03月17日

1.人生の成功とは何か

2010年02月19日

1.畦道商法のススメ

2010年01月18日

1.悲観的に計画し、楽観的に実行する

2009年12月06日

1.Q・C・D+S

2009年11月21日

1.金言

1.断酒

2009年10月23日

1.評価の『積み重ね』

2009年09月14日

1.知的バックグラウンド

2009年08月31日

1.お金にならない仕事

2009年08月12日

1.丹波あじさい寺

2009年07月06日

1.二つの「どうせ」

2009年06月14日

1.男の修行 2.キライナコトバ

2009年05月08日

1.ドイツ訪問記(4/4)~ケルン編~

2009年05月07日

1.ドイツ訪問記(3/4)~ビーレフェルド・ハーゲン編~

2009年05月06日

1.ドイツ訪問記(2/4)~ハノーバー編~

2009年05月05日

1.ドイツ訪問記(1/4)~ベルリン編~

2009年04月17日

1.ハーメルンの笛吹き男

2009年03月15日

1.漢字検定

2009年02月17日

1.自分の中に毒を持て

2009年01月31日

1.ぶれない

2008年12月22日

1.創立50周年と青龍山 2.大丈夫か日本!?

2008年11月24日

1.イメージ吸着法

2008年10月17日

1.アグネス・チャンさん

2008年09月09日

(1)三つの目

2008年08月29日

1.阿波踊り

2008年07月07日

1.熟慮断行

2008年06月25日

1.ど真剣に仕事に取り組む 2.悩んでいる人への言葉

2008年05月01日

1.日新公 いろは歌

2008年04月14日

1.距離感の違い いまむかし

2008年03月18日

1.小椋佳さん

2008年02月16日

1.2通の年賀状

2008年01月04日

1.年頭所感「心にゆとりを持ち、時間を守る」 2.「経営」は「継営」

2007年12月25日

1.「ないものねだり」 より 「あるもの生かし」

2007年11月12日

1.堀場雅夫さんと寂聴さんの「いま・ここ・自分」

2007年10月29日

1.直球勝負

2007年09月29日

1.重油流出事故

2007年08月31日

1.としごろ 2.HPリニューアル

2007年07月22日

コーヒー

2007年06月25日

彦根城天守閣に学ぶ

2007年05月23日

どうしましょう より こうしましょう ・すごい技術

2007年04月16日

褒める

2007年03月23日

森脇先生「最終講義」・アレテー

2007年02月05日

人の心を引っ張るものは何か

2007年01月29日

佐賀のがばいばあちゃん

2006年12月25日

おかげさまで創立50周年・祖父 源次・祖母 ふみゑ

2006年11月20日

真似も三年続ければ本物

2006年10月30日

声変わり(?)

2006年09月04日

克己復礼(ものごとは、なるようになる)・社員と飲む

2006年08月01日

花火

2006年07月04日

ジョークの大切さ

2006年06月08日

挨拶・トヨタのすごさ

2006年05月01日

ムンシー

2006年04月09日

銀河高原ビールの破綻・恥ずかしながら「著者」の一人に

2006年03月28日

ど真剣に「聞く」ということ・日光東照宮の「風水」

2006年02月02日

無財の七施 (むざいのななせ)・「壁」を突破できるかどうかの「壁」

2006年01月15日

巧遅は拙速に如かず・四分六の法則

2005年12月11日

日本人のヴォーカル・「忙しい」ということ(師走にちなんで)

2005年11月29日

開き直り(もしくは潔さ)

2005年10月10日

「待つ」ということ

2005年09月19日

一から出直し・愛が愛を生む(岩下志麻さんの言葉)

2005年08月14日

郵政民営化について【H17年8月のコラム(付録)】

郵政民営化否決と日本の借金時計・若さについて

2005年07月20日

あせるな

2005年06月06日

バケツ一杯の寝汗

2005年05月08日

地に足

2005年04月14日

あいさつ

2005年03月24日

サムシング・グレート

2005年02月15日

わかりやすく

2005年01月08日

朝のリレー/谷川俊太郎

2004年12月24日

おかげさま

2004年11月08日

天気晴朗ナレドモ浪高シ

2004年10月29日

クマが泣いている

2004年09月20日

かなしかった話・上海レポート

2004年08月16日

「水滸伝」に学ぶ・「草むしり」に学ぶ

2004年07月08日

出世不動さん

2004年06月15日

銭湯

2004年05月26日

もっとも基本的な「教え」

2004年04月12日

中式乾杯(チュン・シー・カンベー)

2004年03月08日

お茶碗

2004年02月08日

食べる喜び

2004年01月08日

今年は「か・き・く・け・こ」・逆転の発想

2003年12月20日

残心 ZANSHIN

2003年11月02日

知之者不如好之者 好之者不如楽之者

2003年10月11日

入院中に考えたこと

2003年09月08日

日本を良くする「変な」提案

2003年08月10日

昔の通信簿

2003年07月10日

馬に水を飲ませる

2003年06月07日

おじいさんと子供とロバの話

2003年05月20日

パソコンと古女房・先月のコラムに反省

2003年04月04日

社長就任一周年にあたって

2003年03月20日

カエルとカワル(北風と太陽)

2003年02月07日

当らずとも遠からず

2003年01月15日

無言の達人・年賀状から

2002年12月25日

ライバルという言葉

2002年11月04日

社長の仕事・日本のゆくえ、すべきこと

2002年10月20日

社長の戒め by 徳川家康

2002年09月07日

花には水、人には愛・ダーウィンの言葉

2002年08月16日

猟師の眼

2002年07月07日

言霊(ことだま)

2002年06月28日

これからの生きる道は『こだわり』

2002年06月02日

京セラ名誉会長 稲盛和夫氏 講演のご案内(終了しました)

2002年05月22日

社長交代ほやほや一ヶ月記・祝婚歌

2002年04月01日

社長交代ご挨拶

2002年03月10日

長浜盆梅展をみて・自分のお仕事、好きですか?

2002年02月16日

子供たちの五つの願い・水の流れのように

2002年01月11日

今年のスローガン・NEXT ONE

2001年12月09日

中国訪問記・人生とは?

2001年11月06日

真の意味の「プラス思考」とは?・失業率5.3%に思うこと

2001年10月02日

何事もなく毎日過ごせることの幸せさ・人間の一生の短さ(ゆえに大切さ)

CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

地域未来牽引企業

野球CM

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
6月の節減重量は 『619トン』 でした!(累計106,649トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!