ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

2019年05月02日

1.「令和」は「自立」の時代へ

【令和元年(2019年)5月のコラム(第221号)】 


 お多賀さん(多賀大社)にて 2019.5.2

1.「令和」は「自立」の時代へ

いよいよ「令和」の時代がやってきました。
さて、「平成」が「令和」になって、世の中はどう変わるのでしょうか?
5月1日の日本経済新聞のコラム、『春秋』は素晴らしいものでした。

「こんにちは令和さん。1カ月も前から姿をお見かけしていましたが、
いよいよ着任されましたね。あらためて、どうぞよろしくお願い致します。」


という「令和さん」へのご挨拶で始まり、中ほどにこんな言葉が続きます。

「赴任早々に申し上げるのも恐縮ですが、少子高齢化、人口減を克服する
道は見えず、企業は昭和の成功物語にしがみつき、世界の中での存在感は
低下する一方です。(略)厄介事を先送りしたままなら本当に危ういのです。」


そして「令和」が万葉集から引用されたことから、こう締め括られています。

「令和さんが生まれた8世紀の昔も難しい時代だったと聞きます。(略)
そうしたなかでも(略)イノベーションを進めたのですね。その伝統を受け継げる
でしょうか。さあ、一緒に歩いていきましょう。」


「さすが『春秋』のご担当者さん、うまいこと書くもんやなあ」と感心してしまいましたが、
私はこの「令和さんへのお手紙」の中に、これからの日本に対する厳しい警告が
込められているように感じました。

今の世の中、ずいぶん便利になったことは間違いないですが、
「心」の部分ではどうでしょうか?
物は豊かになっても、逆に心は貧しくなってしまったように思えてしかたありません。
「もらえるものはもらわな損」みたいな考え方が染みついてしまっていないでしょうか?

たとえば政治屋さん(あえて政治家と書きません)。
選挙で票を集めなければならないのはわかりますが、「ワシが国の(あるいは市の)
予算を引っ張ってきて橋を架けてやるからな!」というような「親方日の丸」的な方が
多すぎないでしょうか?その結果、国も地方も「大借金漬け」になってしまっています。

たとえば企業経営者さん。
補助金、助成金、大歓迎!そのくせ税金は払いたくない!
日本という国で商売をさせてもらっていて、そんなのおかしくないでしょうか?

たとえばお勤めの皆さん。
「働き方改革」とか「同一労働・同一賃金」とかいった国の施策を都合よく勘違いして、
少しでも働かずに、休みも給料も増やしてもらおうと思っている人はいないでしょうか?

外務省は、「令和」の正式な英訳を「Beautiful Harmony」に統一すると決定したそうです。
すなわち「令和」の意味は、「美しい調和」ということです。
音楽でもハーモニーを奏でる「和音」は美しい。
でもそれは「和音」を構成するそれぞれの音がしっかりと鳴っているからです。
つまり、「美しい調和」のためにはそれぞれの「自立」が大事だと思うのです。

元号が「令和」に改まった今、私たちは「なんとなく気分があらたまる」だけではなく、
本当の意味での「心あらたまる」、すなわち「調和のための自立」を改めて意識して
いきたい、いかねばならないと思います。
そうしないと日本は何も変わらない、いや、どんどん衰退していくことでしょう。
新元号早々、耳の痛い話ですみません。「令和さん」と仲良くいきましょう!!

《おまけ1》

本屋で見つけた新進気鋭の編集者、箕輪厚介さんの本
「死ぬこと以外かすり傷」というタイトルに誘われて読んでみました
「破壊せよ」、「捨てろ」、「身を投げろ」、「火を放て」などなど
言ってることは一見むちゃくちゃのようですが、これぞ「ど真剣」です
ぜひ若い人たちに読んでほしいと思う一冊です!

《おまけ2》

連休中にお墓参りに行ったら、うちのお寺の手前にあるお寺に
こんな紙が貼ってありました。ほんとその通りですね。
時代と社会を変えて(よくして)いきましょう!

※お寺は「浄土真宗本願寺派 護法山 純正寺」さんといいます
  住職さん、いつも味のある言葉をありがとうございます(#^.^#)

2019年04月11日

1.常笑常勝 2.18歳と81歳の違い

【H31年(2019年)4月のコラム(第220号)】 

これが「平成最後」のコラムになります。ご覧いただきありがとうございます。


熊本西高校野球部のマネージャーさんたち

1.常笑常勝

第91回春のセンバツ高校野球は、愛知県代表の東邦高校が30年ぶりの
優勝を果たしました。平成最初の年に優勝し、平成最後の年も優勝して
締めくくるとは大したもんだと感心しましたが、甲子園の代表に選ばれること
自体が大したものだと思います。
その中の一校、熊本県代表の県立熊本西高校のことを大会中の朝のテレビで
紹介していたのがとても印象に残りました。

上の写真がそうですが、かわいいマネージャーさんが「私たちのチームの
スローガンは、『常笑常勝』です。いつもニコニコ笑いを大切にしながら
常に勝つ!そんな野球をめざしています!」と紹介していました。

熊本西高は残念ながら強豪智弁和歌山に負けてしまいましたが、
「常笑常勝」かー、「上昇上昇」ともとれるし、いい言葉だなあと
ほほえましい気持ちになれました。

勝負に勝つことは簡単ではない。もちろん相手よりも一生懸命練習せねば
勝てない。しかしそんな中でも笑いを忘れずにいくことは、大切なことだなと
あらためて教えられました。熊西のマネージャーさん、そして選手の皆さん、
ぜひ夏の大会にも出場してください!貴校の勝利を祈っています(#^.^#)

  

2.18歳と81歳の違い

昨年、新潟県小千谷市のお客様を訪問した際、社長様にとても美味しい
割烹料理屋さんに連れて行っていただきました。そこのご主人と新潟の
旨い酒と魚をいただきながら楽しく会話を交わしているうちに、
「こんなのご存知ですか?」と一枚の紙をいただいたのが
「18歳と81歳の違い」という文章です。これが実に面白い!

「 心がもろいのが18歳 、 骨がもろいのが81歳 」

「 恋におぼれるのが18歳 、 風呂におぼれるのが81歳 」

こんなのが26項目もあるのです。
ずいぶん昔に作られたものかと思いきや、

「 東京オリンピックに出たいと思うのが18歳 、
 東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳 」

なんていうのもあるくらいですから、ごく最近に作られたものでしょう。
どれも嫌味がなくユーモアたっぷりで、どこで話しても大ウケ間違いなし(笑)
そのため「これ、私にもください!」とリクエストされることが多いので、
ここでダウンロードできるようにして広く皆さんに紹介させていただきます。
作者の方ごめんなさい。でもこれは本当に傑作だと思います。
では皆さんもお楽しみください!



(上記をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます)

2019年03月04日

1.おかげさま

【H31年(2019年)3月のコラム(第219号)】 


丹波あじさい寺 住職 小籔実英さんの日めくりカレンダーより

1.おかげさま

今までずっと元気だった父が、年末から急に体調を崩して入院し、
さまざまな検査を経て3月の初め、9時間に及ぶ大手術を受けた。
幸い手術は成功だったが、突然やってきた「父の危機」に戸惑うと
同時に、今まであたり前のように父に助けられてきたことに対する
申し訳なさと、ありがたさを、実感した。

考えてみれば、ものごとがうまくいっているということは、もちろんそこに
到るまでの自分の努力は不可欠であるが、多くの場合はそれ以上に
周りの人に助けられていたり、ご迷惑をおかけしながらもそれを我慢
していただいていることの上に成り立っているものなのだと思う。

言い換えれば、いろいろな要素が偶々うまく重なっているからこそ
全体がうまく行っているのであって、その内の一つでも狂ってしまうと
たちまちの内に全体がガタガタになってしまうというものなのだろう
(もちろんそうならないための用心、なってしまった時の備えは大切だが)。

つい先日も、ある社員さんが急な事情で会社を休まねばならなくなり、
しかもある仕事に限っては他の人に頼むことが出来ない上に期限もないことから
やむを得ず私がやることになったのだが、その仕事の実に大変なこと・・・。
「いつもこんなに苦労してやってくれていたんやなあ」とあらためて痛感した。

上の絵と詩は、私がお世話になっている丹波あじさい寺(正式名:観音寺)の
住職小籔じつえい先生の日めくりカレンダーの中の1頁だが、いちばん好きな
頁でもある。自分を支えていてくれる方々を「足の裏」に喩えるのは甚だ失礼な
ことだが、今回の両親に社員、そして家族、お取引先様、ご近所様、先生、
友だちに至るまで、みなさんの助けや我慢があってこそ今の自分があるのだ
という、その「おかげさま」の気持ちを忘れずにいきたいと思う。


いつ訪れても美しいお多賀さんの社殿 2019.3.2


娘たちよゴメンm(__)m・・・久しぶりに出したお雛様デス


梅の開花を見ると、その香りとともにホッとしますね
三月も皆さんにとってよい月でありますように


2019年02月03日

1.梅一輪 2.百舌のはやにえ

【H31年(2019年)2月のコラム(第218号)】 


梅一輪酒造のHPより

1.梅一輪

東京は門前仲町のお店で、「梅一輪」というお酒をいただきました。
千葉県九十九里浜の近くにある蔵のお酒だそうですが、
スッキリとしていて実に旨い酒でした。

「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」

これは、芭蕉の弟子である服部嵐雪の句ですが、
なんとも言えない「ほっこり感」がとても好きです。

「たくさんのつぼみの間から一輪だけ梅の花が咲いた。あたりはまだ
冬の景色だが、ほんの少し春が近づいてきたのだ・・・。」

明日2月4日は「立春」だそうです。
つい先日、年が明けたばかりだというのに、あっという間に一年の12分の1が
終わってしまいましたが、春の訪れを心待ちにしつつ、冬の寒さも味わいながら、
一日一日を大切にしていきたいと思います。

 
無料画像サイト photoAC よりダウンロード

2.百舌のはやにえ

(「はやにえ」とは「速贄」と書く。「贄」は「生贄(いけにえ)」の贄で、神様に
お供えする食べ物の意。)

皆さんは「百舌(もず)のはやにえ」という言葉をご存知でしょうか?

昨年末に地元の多賀大社(お多賀さん)の方と話していた時のこと。
「宮嶋社長さん、新しい工場を建てはって、社員さんも増えて、ずいぶんと
儲けてはるんですやろな?」とおっしゃったので、「いえいえとんでもない。
会社は儲けるどころか設備や建物で大借金ですし、個人は個人で私は
お酒とか○○とか、形のないものばかりにすぐ使ってしまうので、
ぜんぜん残らないんですよー」と正直にお答えしたところ、
「いや、それでええんですわ。“百舌のはやにえ”と言いましてな、
お金なんぞは貯めようと思わずどんどん使ったらいいんです。そしたらそれが
生きてまた返ってくるんです。ぜんぜん心配いりません。」とのお言葉・・・。

は?・・・どういう意味ですか?と尋ねると、百舌は虫などのエサを獲ると、
すぐには食べず木の枝などに刺しておく習性があって、「あの雲の下の
この木の枝に!」と一旦そこにエサを刺してどこかへ飛んで行くのだけれども、
「さあ食べよう」と戻ろうとした時には、さっきの雲がどこかに流れてしまって
いるので、どこに刺したかわからず結局エサを食べそびれてしまう
ということだそうである。なんとも間抜けな話だが、可愛らしくもある。

そうか、天下のお多賀さんの神主さんがそない言いはるんやから、心配せんと
お金はどんどん使ったらええんや!・・・・ってほんま大丈夫かいな?(笑)

でも息は「呼吸」という字のごとく、「吐いてから吸うのが正しい」と申します。
いつかはお金さまがまわり回って帰ってきてくださることを信じ、
世のため人のため、せいぜい使いたいと思います。


京都の二条城の近くにある「御金神社」
「おかね神社」ではなく「みかね神社」と読むのですが、
鳥居から社殿まで、あまりの金ピカさにびっくりしますよ!
金運をいただきたい方は、ぜひ行ってみて下さい(*^_^*)

2019年01月03日

1.森を見てから木を見よ

【H31年(2019年)1月のコラム(第217号)】 


痛恨の思い出の滋賀大学 (滋賀大学の公式HPより)

1.森を見てから木を見よ

「木を見て森を見ず」という格言がありますが、1月には
この言葉を聞くたびに思い出す、とても苦い経験があります。
それは今から38年も前、高校三年生の冬のことです。

現在「センター試験」という名前で行われている大学入試は、
当時は「共通一次試験」という名前で、私はその制度が始まって
三年目の年でした。今は知りませんが、その時は国語、英語、数学の
3科目の他に、理科で2科目、社会で2科目の合計7科目も受験しなくては
なりませんでした。国・英・数が各200点満点、理科と社会の各科目が
100点満点で,、合計1000点満点という結構ハードな試験です。

その中で私が痛恨の大失敗を犯してしまったのが「物理」です。
実は私は理科系のクラスであったにもかかわらず、数学や物理といった
理系科目が大の苦手でした。しかし、共通一次試験では各大学の
二次試験よりは基礎的な問題が出るので、公式や原理を理解し、
過去問や予想問題集をやっておけば、そこそこの点数は取れたのです
(もちろん必死に勉強しての話ですが・・・)。
実際、物理は予想問題集でほぼ確実に85点以上取れており、
「よし、物理は楽勝!」くらいの気持ちでいたのでした。

そしていよいよ迎えた共通一次試験の初日。
試験会場は高校のすぐ近くにある滋賀大学経済学部の校舎でした。
そして自信たっぷりで解き始めた物理の第一問。
「だいたい1問目は簡単なんだよなー。ふむふむ、なになに?・・・あれ?
ちょっとまてよ?なんじゃこの問題は???意味がわからん・・・。
いや、そんなはずはない。もう一回はじめから読むか・・・。え?なんで?
こんな問題みたことないぞ???わからんやん!!」と悩み出したが最後、
その初めの一問にすっかりハマってしまい、「もしかしてヤバイ???」
と気づいて時計を見た時には遅すぎた・・・残り15分になっていたのです。
「まだ1問も解けてないのに、あと15分でどうするんやー!!!」と、
もう大パニックです。・・・これぞ後の祭り。頭の中が真っ白になりましたが、
気がつけば窓の外にも真っ白な雪が積もっていました。

予想もしなかった物理の撃沈に途方に暮れ、雪の中を自転車を押して帰り、
「どうやった?」というオカンの声に答える気にもなれずお風呂に入った
のですが、不思議とどれだけ追い焚きしても身体が温まらないのです。
あの時の寒さというか冷たさというか、奇妙な感覚は今でも忘れられません。

しかし私には、どうしても浪人したくない理由がありました。だから二日目の
試験をあきらめるわけにはいきません。気を取り直して必死に受けました。
自己採点の結果、やはり物理は30数点しかなかった。いや、それだけ取れた
だけマシだったのかもしれません。しかし物理でやらかしてしまった「50点」もの
失点は、実に実に、じつーーーーーに痛かった。

結果的に当初の第一志望校はあきらめることになったのですが、
今から思えばそれでよかった、結果オーライで今があるのだと思っています。

長々と自分のつまらぬ失敗談を書きましたが、もしあの時、自分が最初に
問題全体にさっと目を通していたなら、どうなっていただろう?
一問目につまづいたとしても、それを後回しにして他のできそうな問題から先に
できていたのではないか?・・・そう思うと、まさにあの時の自分は
「木を見て森を見ず」そのものだったと、反省しきりです。

今の仕事でも、気になることすべてにいちいち止まっていたのでは、
全体を見失ってしまうことが多々あります。
一つ一つも大事ですが、まずは全体を見渡してから細部に入っていく、
すなわち「森を見てから木を見る」ようにしていかねばならない。

年の初めに昔の痛い経験を思い出し、少しでも同じ失敗を繰り返さないよう、
心がけていきたいと思います。


毎年、事務所玄関に飾っている多賀大社の「笑門」絵馬
今年も笑顔いっぱいの一年でありますように


新しい機械加工工場の前の十一面観音様 2019.1.1

長文お読みいただき、ありがとうございました。
本年もどうかよろしくお願いいたします。


2018年12月19日

1.十回目のドイツ

2018年11月09日

1.足の裏

2018年10月14日

1.お礼のタイミング 2.メールは三行で!

2018年09月01日

1.性善説と性悪説

2018年08月12日

1.社長業というものは

2018年07月08日

1.失敗する「権利」と反省する「義務」

2018年06月01日

1.とんびになりたい

2018年05月09日

1.「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ・・・」の誤解 2.顧みれば

2018年04月01日

1.休み方改革!

2018年03月14日

1.無責任社会に思う

2018年02月14日

1.Let It Be(なんとかなるさ)

2018年01月02日

1.心を込める  2.一日一万歩達成!

2017年12月17日

1.近藤真琴さんからいただいた、じつえい先生とのご縁

2017年11月12日

1.『 はぐれ雲 』 完  2.死ぬまで生きよ思てんねん

2017年10月08日

1.War and Peace

2017年09月10日

1.まんまん

2017年08月06日

1.トップに大切なこと(祝!200号)

2017年07月08日

1.自分を守ると弱くなる

2017年06月08日

1.うんこ漢字ドリル

2017年05月14日

1.ボーッとする時間

2017年04月08日

1.過ぎにし春 2.気がつけば社長業、15年

2017年03月11日

1.私は悟った

2017年02月05日

1.「伝統」でなく「伝燈」 2.トランプ大統領 3.「兄弟経営」つづき

2017年01月01日

1.決めることの大切さ

2016年11月30日

1.三つのメロン

2016年11月09日

1.ためない

2016年10月08日

1.王様と鷹と毒蛇の話

2016年09月03日

1.「旅行クラブ」の思い出

2016年08月03日

1.うなぎ

2016年07月10日

1.トップの仕事とは?(イギリスのEU離脱問題に思うこと)

2016年06月03日

1.近鍛の理事長就任にあたって

2016年05月04日

1.「よい仕事」をするには

2016年04月03日

1.リターン トゥ 伊丹空港

2016年03月05日

1.兄弟経営

2016年02月07日

1.祝・浮浪雲1000話

2015年12月31日

1.『 老 猿 』 と 『 手 』

2015年12月05日

1.薩摩スチューデント (人づくりにはお金をかけよ)

2015年11月07日

1.社員旅行で東名鍛工へ

2015年10月01日

1.近藤真琴さん

2015年09月03日

1.旅の目的 / 小椋佳さんに教えられたゲーテの言葉

2015年08月01日

1.錦織圭選手のすごさ

2015年07月02日

1.たとえば、愛

2015年06月01日

1.「禁断のスカルペル」終了

2015年05月06日

1.お金にならない仕事

2015年04月15日

1.スケベな神様 (運命の赤い糸の由来)

2015年03月04日

1.メモ魔

2015年02月19日

1.言葉の意味

2015年01月04日

1.新たな挑戦

2014年12月07日

1.滲み出るもの・・・高倉健さん

2014年11月03日

1.右手にロマン、左手にソロバン、背中にガマン

2014年10月03日

1.『 ミヤジマ ism 』 完成!!

2014年09月01日

1.白隠禅師の『座禅和讃』

2014年08月02日

1.運とはなにか?

2014年07月01日

1.海外旅行50回

2014年06月01日

1.「親父を超える」ということ

2014年05月02日

1.新卒採用の大切さ

2014年04月01日

1.上高地温泉で会ったすごいオジサン

2014年03月01日

1.松下幸之助さん『成功の秘訣』 2.アーネスト・シャクルトン

2014年01月31日

1.同志社の学生さんたちよ!

2014年01月01日

1.勤勉・感謝・謙虚・反省・利他・挑戦

2013年12月01日

1.写真家・土門拳の言葉

2013年11月26日

1.「自分」という字も書けなかった自分

2013年10月24日

1.竹のように

2013年09月23日

1.インターナショナル

2013年08月27日

1.眼聴耳視

2013年07月28日

1.ロータリー休会

2013年06月19日

1.坂本龍一  2.週刊ダイヤモンド 

2013年05月07日

1.白布温泉 「西屋」

2013年04月29日

1.ジャーマン・レイル・パス

2013年03月04日

1.春の訪れ

2013年02月21日

1.メモの取り方

2013年01月06日

1.なぜ年々一年が短く感じられるのか?

2012年12月23日

1.社長の時間の割り振り

2012年11月04日

1.言うを成すと書いて『誠』、2.得手に帆をあげて

2012年10月19日

1.味のある人生

2012年09月27日

1.人生は草刈りのごとし

2012年08月16日

1.ロンドン五輪と『日本再生戦略』

2012年08月01日

1.ダイソンの扇風機

2012年07月26日

1.ものごとの判断基準

2012年06月24日

1.間(ま)

2012年05月12日

1.君看よ、双眼の色 語らざれば憂いなきに似たり

2012年03月31日

1.Drifting Japan(漂流する日本) 2.ABCラジオに出演します!

2012年03月04日

1.エルピーダメモリの破綻に思う 2.日経新聞

2012年02月16日

1.長年のツケ

2012年01月07日

1.ほのぼのした話

2011年12月13日

1.無事

2011年12月02日

1.龍馬語録

2011年11月12日

1.出逢いは“運”か“思い”か?

2011年10月01日

1.鍛造技術世界一の国ドイツへ

2011年09月03日

1.もてあます喜び

2011年08月09日

1.効率の悪い仕事

2011年08月01日

1.熊本で見つけた“青春”

2011年07月08日

1.かんのんさま

2011年06月30日

1.エミダスマガジンの表紙に登場!

2011年05月17日

1.「いってしまえ」は命取り

2011年05月04日

1.ラクダ・バー

2011年05月01日

1.タニサケ 松岡さん

2011年04月14日

1.リーダーシップ

1.わが人生に悔いはなし

2011年03月10日

1.逆転の発想

2011年02月12日

1.初心忘れるべからず

2010年12月31日

1.盥に一滴の水

2010年12月25日

1.自分のコトバ

2010年11月23日

1.花アルトキハ 花ニ酔ヒ  2.進水式

2010年10月31日

1.超訳 般若心経

2010年09月20日

1.KNOW YOUR BOAT!!

2010年08月16日

1.旅

2010年07月17日

1.借りぐらしのアリエッティ 2.骨折の意味 3.二つの健康法

2010年07月16日

1.尊敬するお二人のご逝去

2010年05月30日

1.やってしまった  2.一万枚の名刺

2010年05月08日

1.栗東トレセン

2010年04月28日

1.「 品格 」について

2010年03月17日

1.人生の成功とは何か

2010年02月19日

1.畦道商法のススメ

2010年01月18日

1.悲観的に計画し、楽観的に実行する

2009年12月06日

1.Q・C・D+S

2009年11月21日

1.金言

1.断酒

2009年10月23日

1.評価の『積み重ね』

2009年09月14日

1.知的バックグラウンド

2009年08月31日

1.お金にならない仕事

2009年08月12日

1.丹波あじさい寺

2009年07月06日

1.二つの「どうせ」

2009年06月14日

1.男の修行 2.キライナコトバ

2009年05月08日

1.ドイツ訪問記(4/4)~ケルン編~

2009年05月07日

1.ドイツ訪問記(3/4)~ビーレフェルド・ハーゲン編~

2009年05月06日

1.ドイツ訪問記(2/4)~ハノーバー編~

2009年05月05日

1.ドイツ訪問記(1/4)~ベルリン編~

2009年04月17日

1.ハーメルンの笛吹き男

2009年03月15日

1.漢字検定

2009年02月17日

1.自分の中に毒を持て

2009年01月31日

1.ぶれない

2008年12月22日

1.創立50周年と青龍山 2.大丈夫か日本!?

2008年11月24日

1.イメージ吸着法

2008年10月17日

1.アグネス・チャンさん

2008年09月09日

(1)三つの目

2008年08月29日

1.阿波踊り

2008年07月07日

1.熟慮断行

2008年06月25日

1.ど真剣に仕事に取り組む 2.悩んでいる人への言葉

2008年05月01日

1.日新公 いろは歌

2008年04月14日

1.距離感の違い いまむかし

2008年03月18日

1.小椋佳さん

2008年02月16日

1.2通の年賀状

2008年01月04日

1.年頭所感「心にゆとりを持ち、時間を守る」 2.「経営」は「継営」

2007年12月25日

1.「ないものねだり」 より 「あるもの生かし」

2007年11月12日

1.堀場雅夫さんと寂聴さんの「いま・ここ・自分」

2007年10月29日

1.直球勝負

2007年09月29日

1.重油流出事故

2007年08月31日

1.としごろ 2.HPリニューアル

2007年07月22日

コーヒー

2007年06月25日

彦根城天守閣に学ぶ

2007年05月23日

どうしましょう より こうしましょう ・すごい技術

2007年04月16日

褒める

2007年03月23日

森脇先生「最終講義」・アレテー

2007年02月05日

人の心を引っ張るものは何か

2007年01月29日

佐賀のがばいばあちゃん

2006年12月25日

おかげさまで創立50周年・祖父 源次・祖母 ふみゑ

2006年11月20日

真似も三年続ければ本物

2006年10月30日

声変わり(?)

2006年09月04日

克己復礼(ものごとは、なるようになる)・社員と飲む

2006年08月01日

花火

2006年07月04日

ジョークの大切さ

2006年06月08日

挨拶・トヨタのすごさ

2006年05月01日

ムンシー

2006年04月09日

銀河高原ビールの破綻・恥ずかしながら「著者」の一人に

2006年03月28日

ど真剣に「聞く」ということ・日光東照宮の「風水」

2006年02月02日

無財の七施 (むざいのななせ)・「壁」を突破できるかどうかの「壁」

2006年01月15日

巧遅は拙速に如かず・四分六の法則

2005年12月11日

日本人のヴォーカル・「忙しい」ということ(師走にちなんで)

2005年11月29日

開き直り(もしくは潔さ)

2005年10月10日

「待つ」ということ

2005年09月19日

一から出直し・愛が愛を生む(岩下志麻さんの言葉)

2005年08月14日

郵政民営化について【H17年8月のコラム(付録)】

郵政民営化否決と日本の借金時計・若さについて

2005年07月20日

あせるな

2005年06月06日

バケツ一杯の寝汗

2005年05月08日

地に足

2005年04月14日

あいさつ

2005年03月24日

サムシング・グレート

2005年02月15日

わかりやすく

2005年01月08日

朝のリレー/谷川俊太郎

2004年12月24日

おかげさま

2004年11月08日

天気晴朗ナレドモ浪高シ

2004年10月29日

クマが泣いている

2004年09月20日

かなしかった話・上海レポート

2004年08月16日

「水滸伝」に学ぶ・「草むしり」に学ぶ

2004年07月08日

出世不動さん

2004年06月15日

銭湯

2004年05月26日

もっとも基本的な「教え」

2004年04月12日

中式乾杯(チュン・シー・カンベー)

2004年03月08日

お茶碗

2004年02月08日

食べる喜び

2004年01月08日

今年は「か・き・く・け・こ」・逆転の発想

2003年12月20日

残心 ZANSHIN

2003年11月02日

知之者不如好之者 好之者不如楽之者

2003年10月11日

入院中に考えたこと

2003年09月08日

日本を良くする「変な」提案

2003年08月10日

昔の通信簿

2003年07月10日

馬に水を飲ませる

2003年06月07日

おじいさんと子供とロバの話

2003年05月20日

パソコンと古女房・先月のコラムに反省

2003年04月04日

社長就任一周年にあたって

2003年03月20日

カエルとカワル(北風と太陽)

2003年02月07日

当らずとも遠からず

2003年01月15日

無言の達人・年賀状から

2002年12月25日

ライバルという言葉

2002年11月04日

社長の仕事・日本のゆくえ、すべきこと

2002年10月20日

社長の戒め by 徳川家康

2002年09月07日

花には水、人には愛・ダーウィンの言葉

2002年08月16日

猟師の眼

2002年07月07日

言霊(ことだま)

2002年06月28日

これからの生きる道は『こだわり』

2002年06月02日

京セラ名誉会長 稲盛和夫氏 講演のご案内(終了しました)

2002年05月22日

社長交代ほやほや一ヶ月記・祝婚歌

2002年04月01日

社長交代ご挨拶

2002年03月10日

長浜盆梅展をみて・自分のお仕事、好きですか?

2002年02月16日

子供たちの五つの願い・水の流れのように

2002年01月11日

今年のスローガン・NEXT ONE

2001年12月09日

中国訪問記・人生とは?

2001年11月06日

真の意味の「プラス思考」とは?・失業率5.3%に思うこと

2001年10月02日

何事もなく毎日過ごせることの幸せさ・人間の一生の短さ(ゆえに大切さ)

CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
3月の節減重量は 『903トン』 でした!(累計93,928トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!