ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

ミヤジマ社長 宮嶋誠一郎のコラム

2018年09月01日

1.性善説と性悪説

【H30年(2018年)9月のコラム(第213号)】 


新しい機械加工工場が8月末で完成しました(写真右端)
田んぼの稲穂のように実ってくれればいいなあ・・・(*^_^*)

1.性善説と性悪説

「人間の究極は善か悪か?」
この質問ほど無意味なものはないと思う。
なぜなら、人間である以上、必ず心の中に善と悪の両方を持ち合わせているからである。
もし善しか持っていなければ、その人は神様だ。
逆にどんなに悪人と言われる人でも、心の中には必ず真心(まごころ)を持っているものだ。
「盗人にも五分の魂」という諺があるけれど、うまく言ったものである。

船が沈没して溺れているとき、一つしかない浮き輪を他の人に渡してあげることができるか?
人が駅のホームから落ちたとき、思い切って線路に飛び込んで助けることができるか?
本当にお金に困っているとき、道にお金が落ちているのを見つけて交番に届けられるか?

正直どれも自信がない。

人間は弱い生き物である。順調なときには正しい判断や行動をとることができても、
苦しいときにはつい心が揺れてしまうものだ。そして後でそのことを悔やむ。
真面目な人ほど道を誤った自分を責めてしまい、自ら命を絶ってしまうことさえある。
決してその人のことを「性悪説」の一言で決めつけることはできないと思う。

ではどうすればいいのか?
それには日々の努力(精進)と反省しかないのではないか?
人間、よいことをすればよい結果が、悪いことをすれば悪い結果が起こるという
「因果応報の法則」があるが、毎日ほんの小さなことでも「よいこと」をしたいと心がけ、
それをおこなう。でもつい思ったようにできないことも多い。
それを夜眠る前に「神様ごめんなさい」と反省する。
その繰り返しが大事、そうすればそのうちに少しずつ「よいこと」ができる割合が
増えていくのだと思う。

一生は一度限り。その一生をよいものにできるかどうか?
「いのちのローソク」というよい詩を見つけたので、それをご紹介して今月のコラムとします。



「いのちのローソク」 

「人間のいのちは、1本のローソクに火をつけたようなものである。
燃えながら、照らしながら、刻々刻々と減ってゆく。
減ってゆくいのちを減らさぬようにすることは誰にもできない。
ただ、どこをどう照らしてゆくのか、これだけが人間に与えられた、
たったひとつの自由である。」

金子帰山老師(永平寺)

2018年08月12日

1.社長業というものは

【H30年(2018年)8月のコラム(第212号)】 


8月7日の大津の花火。豪華絢爛な花火もたくさんありましたが、
私はこの藍染めのような色合いの花火が心に残りました。


今年もお盆がやってきた。
テレビを見ると、8月6日の広島原爆や9日の長崎原爆のことを採り上げた番組を
やっている。今年は戦後73年にもなるが、戦争のことは決して忘れてはならない。
そしてもちろんご先祖様のこと、亡くなった先輩や友人たちのこと・・・
そういうことを思い起こさせてくれるお盆を、大事に過ごしたいと思います。

1.社長業というものは

日本電産の永守重信さんは、「月曜日の朝に 『ああ、また今週も仕事が始まる。
会社行くの嫌やなあ』 と思う社長は、即刻社長を辞めなさい」と何かの本で書いていた。

かの松下幸之助さんは、「社長業というものは、いわば”悩み業”です。悩みのない社長など
いません。いつもかもあれやこれやと悩みあぐねていて、はじめて社長といえるのです」
と書いておられた。

私がいつも叱られている岐阜県の(株)タニサケの松岡浩会長は、常々こういっておられる。
「長たる者は、部下の誰よりも損をする覚悟をもって行動すべし」。
すなわち「社員の皆が気の毒に思うくらいの努力を謙虚に積み重ねなさい」と。

こういうことを考えたとき、はたして自分はどうだろうか・・・と時々思う。

仕事とはいえ、日本全国、いや時には海外まで出かけて行ける。その先々で素晴らしい
景色を見たり、美味しいものを食べたりできる。多くの人に出会えて、様々な経験ができる。
これだけをみると、社長業ほど楽しいものはない。

しかしそんな中でも一つだけ言えることは、どこにいても、何をしていても、
いつもかも会社のことを考えている、ということだけは間違いない。

幸か不幸か、私は学校を出てから4年間勤めさせていただいた会社でこんな一言を学んだ。
「すべての人間に平等なものが一つだけある。それは時間だ。持って生まれた才能や環境は
人によって不平等きわまりない。だから自分より能力が上の相手に勝とうと思ったら、ひたすら
時間をかけるしかないのだ。これでもかという時間をかけてはじめてよい知恵も浮かぶのだ。」

ミヤジマへ戻ってきてほぼ30年。
この間、この言葉ほど自分を励ましてくれたものはないように思う。
もちろん、これは決して人に強要してはならず、あくまでも自らの意思であることが重要だ。

お盆休みとかいっても、結局は会社に来て、何をするでもなくいろいろなことを考える。
「ああ、今日は何もできずに終わってしまった」という日もあれば、「おお、今日はすごくいい
考えが浮かんだ!」とか「山積みの書類がすっきり片付いた!」という日もある。
家のことはいつもほったらかしで、家族にはつくづく申し訳ないと思う。
でもいまのところ、これが鈍くさい私の「スタイル」なのだ。

いつかはこの「だらだらスタイル」をあらためねば・・・と思いつつ、
今年のお盆休みも会社にいる私です。

 

 

 
インターアクトクラブという中・高校生の社会奉仕団体の夏期研修に同行して
宮城県の気仙沼まで行ってきました。
牡蠣の養殖50年以上の畠山重篤さんという素晴らしい先生のご指導で、
気仙沼の海と、それを支える森がいかに深く関わりあっているか、そして人間はそれらの
自然の中で「生かされている」のだということを実体験を通じて学ぶことができました。

NPO法人『森は海の恋人』 http://www.mori-umi.org/

2018年07月08日

1.失敗する「権利」と反省する「義務」

【H30年(2018年)7月のコラム(第211号)】 

1.失敗する「権利」と反省する「義務」

    

学生時代の恩師が主宰される技術研究会の年に一度の宿泊研修で、
静岡県浜松方面に行ってきました。
工場見学の後、一泊して翌日の土曜日は「本田宗一郎ものづくり伝承館」という
ところを訪れました。本田宗一郎さんは私のあこがれの経営者です。

伝承館は本田さんの生まれた地、浜松市天竜区二俣町(昔の磐田郡光明町)にあり、
2階建ての小さな建物ですが、本田宗一郎さんのお人柄や考え方がほんわりと
伝わってくる、よい資料館でした。

ここの館内で上映されていたビデオの中に、心にぐっと突き刺さる言葉がありました。
本田さんの肉声で、こんな言葉です。

「人間は、失敗の多いものなんです。
みんな失敗する権利を持っている。
権利には義務がついています。
反省という義務です。
反省することによって、次に進んでいくことができる。
それは一番大事なものです。」



↑写真をクリックすると本田宗一郎さんの生の声が聴けます(動画なので少々重いです)

本田宗一郎さんは、「成功とは、99%の失敗に支えられた1%である」と
よく言われていたそうです。たしかに失敗はしないに越したことはない。
しかし自分の「夢」を追い求め、それを実現するのに、一度の失敗もなく
実現した人は一人もいないのではないでしょうか?
トヨタの創始者の一人である豊田喜一郎氏もこんな言葉を残されています。
「失敗を恐れるな。俺が全部引き受けてやるから。」

この二人の偉人の言葉の意味をよくよく考えると、やはり経営者は
社員に失敗してでも挑戦してみようと思わせる環境をつくってやり、
もし社員が失敗したとしてもそれを許し、さらに考えさせ、次につなげてやる、
ということが大事であり、それができるかどうかが経営者の「器」なのだろうな・・・
と改めて思いました。


宗一郎さんでも「苦しまぎれ」の発想だったとは!?


宗一郎さんはすごく絵がお上手だったそうです(*^_^*)


森脇先生、いつもご指導ありがとうございます

2018年06月01日

1.とんびになりたい

【H30年(2018年)6月のコラム(第210号)】 

1.とんびになりたい


もし、自分が何かの動物に生まれ変われるとしたら、何になりたいか?
そんなことを考えたことがありますか?

僕ならば・・・「鳶(とんび)」になりたいと思う。
上昇気流に乗りながら、空を悠々と飛んでいる姿を見ると、実に気持ちよさそうだ。
身に纏(まと)っているものは、なーんにもない。実にシンプルだ。



一年半ほど前に、ある勉強会で滋賀県内に本社のあるT社を見学させていただいた。
その際、社長さんの机を見て驚いた。机の上にも周りにも、何もないのである。
あるのは社長さんの椅子と、天然一枚板の机と、反対側に丸椅子が4つあるだけ。
ご案内いただいたスタッフの方に
「社長さんの机は、実際に仕事をするのが別にあるんですよね?」
と訊いてみたのだが愚問だった。
「社長の机はここだけです。相談事があるときにこの前に座って社長のアドバイスを
もらうくらいで、それ以外は社長は殆ど現場に出ていてここにはいません。」とのこと。
その社長さんは私よりもいくつか若い方なのだが、この机にはびっくりした。

「断捨離(だんしゃり)」と名のつく本が本屋の棚に沢山並んでいることを思うと、
こうやって悩んでいる人は世の中にごまんといるんだろうなと少し安心するけれど、
人生を4つに区切るなら、最後の第4クオータくらいは「とんび」のように
何にも囚われずに生きてみたいなあ・・・
そんなことを思う、56年めの初夏であります。



2018年05月09日

1.「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ・・・」の誤解 2.顧みれば

【H30年(2018年)5月のコラム(第209号)】 

1.「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ・・・」の誤解



「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ、人ノ下ニ人ヲ造ラズ」

ご存知、福沢諭吉の「学問のすすめ」の冒頭の一文ですが、
この意味を誤解している人は意外に多い。(かくいう自分もそうでした!)

というのは、この文章は「人はみな平等である」という意味でよく引き合いに出される
のですが、実はそうではない。なぜなら、
そもそもこの本は「学問のすすめ」なのであって、人権平等を謳う本ではないのです。
だから冒頭の一文の後には、このような意味の文章が続きます。

「とはいうが、実は世の中は不公平だらけである。生まれる環境や能力は、人によって
ちがう。だからこそ私たちは勉強せねばならない。一生懸命勉強すれば、不公平な
世の中でも報われるのだ。だからこの本では、いかに勉強すればよいかを述べる。」

この説明を読んで、なるほどーと思いました。
「天は人に上下をつくらない」=「努力に勝る天才は無し」 
一万円札の福沢諭吉さんからの有難いお言葉として、肝に銘じたいと思います。


2.顧みれば


上の写真をクリックすれば「顧みれば」のYoutubeが流れます

僕は音楽が好きで、時々このコラムで音楽のことを書きますが、
3月、4月と二か月も連続して小椋佳さんのコンサートに行く機会に恵まれました。
小椋佳さんはもう74歳にもなられるのですが、「人生最後のアルバム」として
「闌(たけなわ)」というCDを数年前に発売されました。
そう、「宴たけなわではございますが・・・」の「たけなわ」です。
そのCDの最後に「顧みれば」という、とてもいい歌があるので、その歌詞をご紹介します。
ぜひYoutubeで聴いてみてください。

「顧みれば 教科書のない 一度限りの人生を まあよく生きて きたと思う

 友の支え 女性の救い 出会いのめぐみ 数多く 運よく受けて きたと思う

 運命を 満喫したと 思われる 今」


これは1番の歌詞ですが、初めて聴いた時、「女性の救い」という言葉にドキッとしました。
小椋佳さんが歌の中でこんな言葉を使われたことは今まで無かったのではないでしょうか。
でも先日、小学校時代の友達とこの歌のことを話していたら、「あれは観音菩薩さまのことを
言っているのではないか?」という意見を聞き、なるほどと思いました。
たしかに僕も、今まで女性に救われたことが何度かあったなあ・・・(意味深???)、
そして自分の気づかないところで、観音さまにも助けられてきたのだろうなあと思うと、
感慨一入(ひとしお)です。

人生を締めくくろうという時期に、小椋佳さんのように「運命を満喫した」と思えるような
人生に、僕もしたいと思います。そして願わくば、自分の葬式には、この曲をバックに
流してほしいなあ・・・(笑) 真面目にそう思える、いい歌です。ぜひ聴いてみてください。 

 

 
連休はお天気がよかったので、愛犬チャイと近くの犬上川沿いを下って
琵琶湖まで散歩してきました。こういうのんびりもいいもんですね(*^_^*)


2018年04月01日

1.休み方改革!

2018年03月14日

1.無責任社会に思う

2018年02月14日

1.Let It Be(なんとかなるさ)

2018年01月02日

1.心を込める  2.一日一万歩達成!

2017年12月17日

1.近藤真琴さんからいただいた、じつえい先生とのご縁

2017年11月12日

1.『 はぐれ雲 』 完  2.死ぬまで生きよ思てんねん

2017年10月08日

1.War and Peace

2017年09月10日

1.まんまん

2017年08月06日

1.トップに大切なこと(祝!200号)

2017年07月08日

1.自分を守ると弱くなる

2017年06月08日

1.うんこ漢字ドリル

2017年05月14日

1.ボーッとする時間

2017年04月08日

1.過ぎにし春 2.気がつけば社長業、15年

2017年03月11日

1.私は悟った

2017年02月05日

1.「伝統」でなく「伝燈」 2.トランプ大統領 3.「兄弟経営」つづき

2017年01月01日

1.決めることの大切さ

2016年11月30日

1.三つのメロン

2016年11月09日

1.ためない

2016年10月08日

1.王様と鷹と毒蛇の話

2016年09月03日

1.「旅行クラブ」の思い出

2016年08月03日

1.うなぎ

2016年07月10日

1.トップの仕事とは?(イギリスのEU離脱問題に思うこと)

2016年06月03日

1.近鍛の理事長就任にあたって

2016年05月04日

1.「よい仕事」をするには

2016年04月03日

1.リターン トゥ 伊丹空港

2016年03月05日

1.兄弟経営

2016年02月07日

1.祝・浮浪雲1000話

2015年12月31日

1.『 老 猿 』 と 『 手 』

2015年12月05日

1.薩摩スチューデント (人づくりにはお金をかけよ)

2015年11月07日

1.社員旅行で東名鍛工へ

2015年10月01日

1.近藤真琴さん

2015年09月03日

1.旅の目的 / 小椋佳さんに教えられたゲーテの言葉

2015年08月01日

1.錦織圭選手のすごさ

2015年07月02日

1.たとえば、愛

2015年06月01日

1.「禁断のスカルペル」終了

2015年05月06日

1.お金にならない仕事

2015年04月15日

1.スケベな神様 (運命の赤い糸の由来)

2015年03月04日

1.メモ魔

2015年02月19日

1.言葉の意味

2015年01月04日

1.新たな挑戦

2014年12月07日

1.滲み出るもの・・・高倉健さん

2014年11月03日

1.右手にロマン、左手にソロバン、背中にガマン

2014年10月03日

1.『 ミヤジマ ism 』 完成!!

2014年09月01日

1.白隠禅師の『座禅和讃』

2014年08月02日

1.運とはなにか?

2014年07月01日

1.海外旅行50回

2014年06月01日

1.「親父を超える」ということ

2014年05月02日

1.新卒採用の大切さ

2014年04月01日

1.上高地温泉で会ったすごいオジサン

2014年03月01日

1.松下幸之助さん『成功の秘訣』 2.アーネスト・シャクルトン

2014年01月31日

1.同志社の学生さんたちよ!

2014年01月01日

1.勤勉・感謝・謙虚・反省・利他・挑戦

2013年12月01日

1.写真家・土門拳の言葉

2013年11月26日

1.「自分」という字も書けなかった自分

2013年10月24日

1.竹のように

2013年09月23日

1.インターナショナル

2013年08月27日

1.眼聴耳視

2013年07月28日

1.ロータリー休会

2013年06月19日

1.坂本龍一  2.週刊ダイヤモンド 

2013年05月07日

1.白布温泉 「西屋」

2013年04月29日

1.ジャーマン・レイル・パス

2013年03月04日

1.春の訪れ

2013年02月21日

1.メモの取り方

2013年01月06日

1.なぜ年々一年が短く感じられるのか?

2012年12月23日

1.社長の時間の割り振り

2012年11月04日

1.言うを成すと書いて『誠』、2.得手に帆をあげて

2012年10月19日

1.味のある人生

2012年09月27日

1.人生は草刈りのごとし

2012年08月16日

1.ロンドン五輪と『日本再生戦略』

2012年08月01日

1.ダイソンの扇風機

2012年07月26日

1.ものごとの判断基準

2012年06月24日

1.間(ま)

2012年05月12日

1.君看よ、双眼の色 語らざれば憂いなきに似たり

2012年03月31日

1.Drifting Japan(漂流する日本) 2.ABCラジオに出演します!

2012年03月04日

1.エルピーダメモリの破綻に思う 2.日経新聞

2012年02月16日

1.長年のツケ

2012年01月07日

1.ほのぼのした話

2011年12月13日

1.無事

2011年12月02日

1.龍馬語録

2011年11月12日

1.出逢いは“運”か“思い”か?

2011年10月01日

1.鍛造技術世界一の国ドイツへ

2011年09月03日

1.もてあます喜び

2011年08月09日

1.効率の悪い仕事

2011年08月01日

1.熊本で見つけた“青春”

2011年07月08日

1.かんのんさま

2011年06月30日

1.エミダスマガジンの表紙に登場!

2011年05月17日

1.「いってしまえ」は命取り

2011年05月04日

1.ラクダ・バー

2011年05月01日

1.タニサケ 松岡さん

2011年04月14日

1.リーダーシップ

1.わが人生に悔いはなし

2011年03月10日

1.逆転の発想

2011年02月12日

1.初心忘れるべからず

2010年12月31日

1.盥に一滴の水

2010年12月25日

1.自分のコトバ

2010年11月23日

1.花アルトキハ 花ニ酔ヒ  2.進水式

2010年10月31日

1.超訳 般若心経

2010年09月20日

1.KNOW YOUR BOAT!!

2010年08月16日

1.旅

2010年07月17日

1.借りぐらしのアリエッティ 2.骨折の意味 3.二つの健康法

2010年07月16日

1.尊敬するお二人のご逝去

2010年05月30日

1.やってしまった  2.一万枚の名刺

2010年05月08日

1.栗東トレセン

2010年04月28日

1.「 品格 」について

2010年03月17日

1.人生の成功とは何か

2010年02月19日

1.畦道商法のススメ

2010年01月18日

1.悲観的に計画し、楽観的に実行する

2009年12月06日

1.Q・C・D+S

2009年11月21日

1.金言

1.断酒

2009年10月23日

1.評価の『積み重ね』

2009年09月14日

1.知的バックグラウンド

2009年08月31日

1.お金にならない仕事

2009年08月12日

1.丹波あじさい寺

2009年07月06日

1.二つの「どうせ」

2009年06月14日

1.男の修行 2.キライナコトバ

2009年05月08日

1.ドイツ訪問記(4/4)~ケルン編~

2009年05月07日

1.ドイツ訪問記(3/4)~ビーレフェルド・ハーゲン編~

2009年05月06日

1.ドイツ訪問記(2/4)~ハノーバー編~

2009年05月05日

1.ドイツ訪問記(1/4)~ベルリン編~

2009年04月17日

1.ハーメルンの笛吹き男

2009年03月15日

1.漢字検定

2009年02月17日

1.自分の中に毒を持て

2009年01月31日

1.ぶれない

2008年12月22日

1.創立50周年と青龍山 2.大丈夫か日本!?

2008年11月24日

1.イメージ吸着法

2008年10月17日

1.アグネス・チャンさん

2008年09月09日

(1)三つの目

2008年08月29日

1.阿波踊り

2008年07月07日

1.熟慮断行

2008年06月25日

1.ど真剣に仕事に取り組む 2.悩んでいる人への言葉

2008年05月01日

1.日新公 いろは歌

2008年04月14日

1.距離感の違い いまむかし

2008年03月18日

1.小椋佳さん

2008年02月16日

1.2通の年賀状

2008年01月04日

1.年頭所感「心にゆとりを持ち、時間を守る」 2.「経営」は「継営」

2007年12月25日

1.「ないものねだり」 より 「あるもの生かし」

2007年11月12日

1.堀場雅夫さんと寂聴さんの「いま・ここ・自分」

2007年10月29日

1.直球勝負

2007年09月29日

1.重油流出事故

2007年08月31日

1.としごろ 2.HPリニューアル

2007年07月22日

コーヒー

2007年06月25日

彦根城天守閣に学ぶ

2007年05月23日

どうしましょう より こうしましょう ・すごい技術

2007年04月16日

褒める

2007年03月23日

森脇先生「最終講義」・アレテー

2007年02月05日

人の心を引っ張るものは何か

2007年01月29日

佐賀のがばいばあちゃん

2006年12月25日

おかげさまで創立50周年・祖父 源次・祖母 ふみゑ

2006年11月20日

真似も三年続ければ本物

2006年10月30日

声変わり(?)

2006年09月04日

克己復礼(ものごとは、なるようになる)・社員と飲む

2006年08月01日

花火

2006年07月04日

ジョークの大切さ

2006年06月08日

挨拶・トヨタのすごさ

2006年05月01日

ムンシー

2006年04月09日

銀河高原ビールの破綻・恥ずかしながら「著者」の一人に

2006年03月28日

ど真剣に「聞く」ということ・日光東照宮の「風水」

2006年02月02日

無財の七施 (むざいのななせ)・「壁」を突破できるかどうかの「壁」

2006年01月15日

巧遅は拙速に如かず・四分六の法則

2005年12月11日

日本人のヴォーカル・「忙しい」ということ(師走にちなんで)

2005年11月29日

開き直り(もしくは潔さ)

2005年10月10日

「待つ」ということ

2005年09月19日

一から出直し・愛が愛を生む(岩下志麻さんの言葉)

2005年08月14日

郵政民営化について【H17年8月のコラム(付録)】

郵政民営化否決と日本の借金時計・若さについて

2005年07月20日

あせるな

2005年06月06日

バケツ一杯の寝汗

2005年05月08日

地に足

2005年04月14日

あいさつ

2005年03月24日

サムシング・グレート

2005年02月15日

わかりやすく

2005年01月08日

朝のリレー/谷川俊太郎

2004年12月24日

おかげさま

2004年11月08日

天気晴朗ナレドモ浪高シ

2004年10月29日

クマが泣いている

2004年09月20日

かなしかった話・上海レポート

2004年08月16日

「水滸伝」に学ぶ・「草むしり」に学ぶ

2004年07月08日

出世不動さん

2004年06月15日

銭湯

2004年05月26日

もっとも基本的な「教え」

2004年04月12日

中式乾杯(チュン・シー・カンベー)

2004年03月08日

お茶碗

2004年02月08日

食べる喜び

2004年01月08日

今年は「か・き・く・け・こ」・逆転の発想

2003年12月20日

残心 ZANSHIN

2003年11月02日

知之者不如好之者 好之者不如楽之者

2003年10月11日

入院中に考えたこと

2003年09月08日

日本を良くする「変な」提案

2003年08月10日

昔の通信簿

2003年07月10日

馬に水を飲ませる

2003年06月07日

おじいさんと子供とロバの話

2003年05月20日

パソコンと古女房・先月のコラムに反省

2003年04月04日

社長就任一周年にあたって

2003年03月20日

カエルとカワル(北風と太陽)

2003年02月07日

当らずとも遠からず

2003年01月15日

無言の達人・年賀状から

2002年12月25日

ライバルという言葉

2002年11月04日

社長の仕事・日本のゆくえ、すべきこと

2002年10月20日

社長の戒め by 徳川家康

2002年09月07日

花には水、人には愛・ダーウィンの言葉

2002年08月16日

猟師の眼

2002年07月07日

言霊(ことだま)

2002年06月28日

これからの生きる道は『こだわり』

2002年06月02日

京セラ名誉会長 稲盛和夫氏 講演のご案内(終了しました)

2002年05月22日

社長交代ほやほや一ヶ月記・祝婚歌

2002年04月01日

社長交代ご挨拶

2002年03月10日

長浜盆梅展をみて・自分のお仕事、好きですか?

2002年02月16日

子供たちの五つの願い・水の流れのように

2002年01月11日

今年のスローガン・NEXT ONE

2001年12月09日

中国訪問記・人生とは?

2001年11月06日

真の意味の「プラス思考」とは?・失業率5.3%に思うこと

2001年10月02日

何事もなく毎日過ごせることの幸せさ・人間の一生の短さ(ゆえに大切さ)

CONTENTS MENU

ISO9001 エコアクション21 認証 登録番号0001386 NK船級協会認定取得

東名鍛工株式会社

アプセット鍛造.com

ヤジマハーブ園のご案内

ミヤジマ工場見学

動画にて弊社工場見学をご案内しております。是非ご覧下さい。

動画
動画


Introductory Video
Introductory Video


動画をご覧頂くにはMicrosoft社のWindows Media Playerが必要になります。Windows Media PlayerはMicrosoft社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Windows Media Player

株式会社 ミヤジマ

株式会社ミヤジマ
〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀1008番地
TEL 0749-48-0571
FAX 0749-48-1478

E-mail:post@miyajima-jp.com
顔写真です 営業担当者:
宮嶋 俊介

xml
フィードを取得 [フィードとは]


エミダスプロ会員

わが社の100年記念活動
「わが社の100年記念活動」
(株)ミヤジマの事例紹介

エコアクション:今月の節減重量
7月の節減重量は 『873トン』 でした!(累計87,460トン 2007年1月より集計)
節減重量とは?
BENBO! ミヤジマの強みへ!
BENBO! ミヤジマの強みへ!